卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 90代の祖母と車椅子

90代の祖母と車椅子

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子の祖母

私の実家には、私の両親と祖母の3人が暮らしています。
それまで歯が丈夫で食欲も旺盛、健康だけがとりえだった90代の私の祖母は、 数ヶ月前からほぼ寝たきりの状態になってしまいました。
年齢も年齢なので、いつかこういう日が来るはずだと私の方も覚悟はしていたのですが、 ベッドに横たわったままの祖母の姿を見たときは正直、ショックでした。
自室を出るのは、週に2回、水曜日と日曜日の午後にヘルパーさんたちが来てくれて、お風呂に入れてくれる時だけです。
立ち上がったり歩いたりすることは出来ないので、 自室とお風呂場を行き来する時には車椅子を使っています。
祖母の部屋の前の廊下にはいつも、車椅子が置いてあるのです。
レンタルしたそうです。
最近では、祖母の様子が気になり、また心配で、今までと比べると実家へ立ち寄る機会がグッと増えました。
何もしてあげることは出来ないけれど、とりあえず顔を見て、近況報告をし合います。

介助式車椅子のイメージ
時には子供をつれて

小学生の私の子供も一緒に連れて行くととても喜んでくれます。
子どもが昨年度末に学校からもらってきた通知表を見せたら、 「偉いねぇ。」と褒めてくれて、子どもの方も嬉しそうにしていました。
先日、子どもが友達の家に遊びに行くというので、 そこのお宅まで送った後、ひとりでふらっと実家へ立ち寄りました。
気温も上がり過ごしやすくなってきたせいか、祖母は顔色も良く、声も大きくなったように感じました。
「この間、ヘルパーさんが車椅子で家の廊下を何往復もしてくれたのよ。
窓から庭の木や花が見えて、窓を開けると風も当たって、とっても気持ちよかったの。
考えてみたら、この数ヶ月間、お風呂場に行くとき以外は、 ずっと部屋に閉じこもりきりだったから、嬉しかったわ。」 という話をしてくれました。

小学生の子供
負担はかけられない

続けて、「でもね、お母さん(私の母)には車椅子を押してなんて頼めないのよ。
だって、お母さんは私の食事の支度や洗濯、他の家事もあるから忙しいでしょ。
これ以上、負担はかけられないわ。」と言うのです。
そこで私は、「今日は気温も高いし、私が車椅子を押してあげるよ。 部屋の外にでてみない?」と誘ってみました。
祖母は「いいの?ありがとうね。」と言って、笑顔になってくれました。
私が廊下にある車椅子を祖母のベッドの近くに移動させると、祖母はベッドから起き上がり、 ベッドの柵につかまりながら、何とか自分の力で車椅子に乗ることが出来ました。

食事の支度イメージ
車椅子でのささやかな散歩

車椅子を押して、家の廊下を歩きながらいろいろな話をしました。
祖母はいつも自分のことではなく、私や夫、子どもの心配をしてくれます。
私が子どもの頃と同じように、とっても優しい口調で。
考えてみると、祖母は若い頃から頭も良く行動的で、友人も多かったのです。
お料理上手だったので、母が外出しているときは私達きょうだいの食事の支度もしてくれたし、 漢字が得意で勉強も教えてくれ、茶道や書道もたしなんでいました。
茶道に関しては、近所のお友達に教えたりもしていて「先生」なんて呼ばれていたんです。
そんな祖母が歩くことすら出来なくなり、車椅子に乗っている、 そしてその車椅子を私が押しているという現実が信じがたく、とても切なかったです。

庭の見えるイメージ
祖母と話す楽しみ

老いはだれにでも訪れるもの、頭では分かっていても なかなか受け入れることが出来ない自分がいました。
今の私は祖母に何の恩返しも出来ません。そんな自分も不甲斐ないです。
だけど、祖母に会いに行ってのんびりと話をすることくらいなら出来ます。
機会を見つけてはまた祖母の顔を見て、車椅子を押しながらいろいろな話をすることが、 今の私の楽しみのひとつでもあるのです。
今度は家の中でなく、実家の庭を車椅子で散歩できたらいいなぁ、と思っています。

庭から見える風景のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

シンプルで使いやすいアルミ製車いす。

【MIWA/ミワ】美和商事 介助式車いす アミー16 MW-16A
【MIWA/ミワ】美和商事 介助式車いす アミー16 MW-16A
  • 介助ブレーキつき
【MIWA/ミワ】美和商事 介助式車いす アミー16 MW-16A