卸売りだから出来る最大80%割引!

私の相棒マキライフテック|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 私の相棒マキライフテック

私の相棒マキライフテック

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
突然の呼吸困難

私はある日重度の呼吸困難に陥りました。 前兆は少しずつありました。私が名古屋の友人らを訪問して 楽しく過ごしている時にそれは少しずつ起こりました。 私たちは楽しくバス観光をしていまして、 おしゃべりを楽しんでいましたが「あれ?私苦しい。 一体どうしたんだろう?」とすごく怖くなったことを思い出します。 何とかごまかしながら、その旅行を終わらせしばらくすると、 すでに体が動かせられないような状態にまでなってしまいました。 激しく咳込み、息を吐くことも吸う事もほとんど無理な状態になりました。 そこからが私の闘病生活の始まりでした。 救急病院のCCUに数日間入りました。そして、個室に移動しました。 その間も私は自力で歩くことは出来ず、 強力なタイプの酸素マスクを付けながら過ごしました。

バス旅行のイメージ
酸素マスクを付けながらの生活

酸素も7リットルから5リットルを供給されていました。 私の肺の機能はほとんど機能していませんでした。 ですから、最も悪いときには私の移動はストレッチャーを使いました。 少し容態が安定してくると、車いすでの移動になりました。 私は30代でまだまだ先の予定がぎっしり詰まっていた身でした。 医師たちからは、いつ私の体調が急変してしまうのか分からないし、 今後いつそのような事態になってもおかしくないと言いました。 私の病院での生活は数か月が過ぎていました。 少しずつ呼吸が出来るようになり、 私は移動するのに看護師さんを呼んで車いすに乗せてもらえるまでになりました。 まだ自力で歩くことが出来ない私は、 看護師さんたちに私の体をベッドから車いすに移動させてもらい、 少しの間を車いすで散歩するようになりました。

酸素マスクのイメージ
車いすでの散歩

この車いす生活も、すごくうれしいわけではありませんが、 ずっと横になっているよりはるかに嬉しいものです。 見える景色が明らかに違います。 私の目線は車いすなので低いままですから、 自力歩行していた時と明らかに違いますが、 病院の窓から見えるその景色を楽しむことが出来るようになりました。 今日は外は晴れていて気持ちがいいな、 今日は雨が沢山降っているな、今日は大雪だ!などと 車いすの生活になってからは季節の移り変わりを楽しめるようになりました。 闘病生活が長くなると、私は自分の髪の毛を切りたいと思うようになりました。 美容師の友人にそのことを話すと「いいよ!切ってあげる!」 と快諾してくれましたので、その友人は散髪セットを 病院に持ってきてくれて私の髪の毛を切ることになりました。

髪を切る人のイメージ
友達に髪のカットを

病院側にはそのことを伝え、シャンプー台を 使ってよいことになりましたので私たちはそこで散髪を行いました。 本当に生き返った気持ちでした。 数か月間髪の毛を切ることも出来なかった 私でしたので、髪の毛は伸び放題でした。 でも、車いすに乗ってのシャンプーはちょっと大変でした。 私はまだ体の向きを変えるととても苦しかったのと、 車いすの一部がシャンプー台に上手くフィットしないので 私は頑張って前かがみを続けなければなりませんでした。 また、私は酸素を取りながらの散髪とシャンプーでしたので 長時間に渡ったこの姿勢は辛かったです。 もし、このシャンプー台と車いすが上手く適合していれば このような苦しみはなかったかなと思います。

洗面台のイメージ
愛用した車いすは、マキライフテックの車いす

美容師のその友人が言っていましたが、 いつものシャンプーより3倍は時間がかかったそうです。 途中、何度も酸素ボンベの酸素がなくなって、交換をしてもらいました。 時間はとてもかかりましたが、とても嬉しく その友人に心から感謝しています。おそらく一生忘れないでしょう。 私が愛用した車いすは、マキライフテックの車いすでした。 私はこの車いすがあったおかげで、ベッド上の固定された景色から、 改めて自分で景色を見ることの出来る世界を体験することが出来るようになったのです。 私の体調のせいが大半を占める理由ですが、長時間座っていることは結構大変でした。 疲れてしまって、また背中が痛くなってしまって しばらくしたらベッドに戻る必要がありました。

マキライフテックのKS50
長期間の入院生活の助けとなった車椅子

この車いすを使用出来たおかげで、家族や友人に電話を掛けに 電話ボックスまで移動することも出来ましたし、 友人が見舞いに来てくれた時には談話室まで車いすで行くことも出来ました。 長期間の闘病生活者の私にとって、このマキライフテックの車いすは私の相棒となりました。 トイレに行くときも、少し散歩するときも、 誰かと会うときも、このマキライフテックと一緒でした。 本当にこの相棒には感謝しています。 私は長期間の車いすでの生活の後、また自力で立って移動することが出来るようになりました。 私はずっと元気でいたいので、車いすにはまたお世話になりたくはないですが、 もしも今度お世話になるとしたら、 長時間座っていても疲れにくい相棒に出会いたいと思いました。 車いすでも、その人の人生がそこにあることは変わりませんから、 より快適な車いすライフを送ることが出来れば嬉しいなと思います。

公衆電話で友達と電話

この記事に関連したオススメ車椅子

座幅、前座高、カラーをお選びいただけるセミオーダーメイドの車椅子

【マキライフテック】セレクトKS50シリーズ 車椅子
【マキライフテック】セレクトKS50シリーズ 車椅子
  • 介助ブレーキつき
【マキライフテック】セレクトKS50シリーズ 車椅子