卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車いすの生活へ

車いすの生活へ

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
生まれつき脊椎を患う

お気の毒ですが、30歳にならずして車いすがないと生活できなくなる人がいることを、 やがて認めざるを得なくなると専門家に言い渡されました。 わたしはそんなこと信じられず、こう言いました。 いいですか。私は19歳なんですよ。90歳ではないんです。
そしてこう告げられました。世の中には30歳前に 歩けなくなる人がいて、あなたもその一人になるんです。 そんな甘んじて受け入れることのできる話でしょうか。 どうすることもできないのでしょうか。そんな話まともに受け入れるわけがありません。
私は自転車に飛び乗って走り去りました。 整形外科の専門医が指摘したその話は脊椎を患う生まれつきの性質のために、 一生の間、体が不自由になるというのです。

自転車のイメージ
ついに車いすの生活に

それから何百キロも自転車をこいで、海辺の町々を旅し、 美しい田園を旅行し、郊外の地域で働き、最後にロンドンの都市部で活動しました。
その後の10年にみるみる脊椎の具合が悪化してきました。
私を見かける人がいつも家で休んでいなさいとか、 タクシーの運転手はいつも私を見かけると無料でのせてくれました。
やがて前腕松葉杖をつかわなければならなくなりました。足の支持器もです。
車いすに乗る日が迫ってきています。その日は突然やってきました。 何カ月もギブスをはめないといけません。脊椎に強い変形が始まりました。 専門医の言ったとおり、悲しくも真実の事柄となりました。
図り知れない悲しみと無力感がありました。でも人前ではにこにこしていました。 同様の経験をした人でなければおそらく理解できないでしょう。

ロンドンのイメージ
今では車いすの生活に順応したが

突然多くの人に頼らなければならなくなるのです。 援助が差し伸べられないと憤慨する自分にも気付きました。 それを受け入れるのにも時間がかかりました。
克服した消極的な感情は、自分の生活をすっかり変化させました。 自分主義にならず、他の人の役に立つことができる自信を持つ出来事がありました。 周りを観察すると、多くを成し遂げられない人が大勢いることが分かりました。 そのような人たちのことを考え、年老いた人や、家族の世話をしなければならない婦人や、 一日中単調な仕事に縛られている男性などです。
その後どうなったと思いますか。活動的な生活を送ることによって 歩き回れる年月は10年から15年に伸び、最後に自転車に乗った6年前を思い出し、 あの頃の自由に動ける自分と、新鮮な空気やとても楽しい日々を懐かしく思ったりすることがあります。
そして今では車いすの生活に順応しています。

車椅子のイメージ
際立った経験

壁の電気の差し込み口の位置を高くしたり、 電気のスイッチを大きなロッカータイプのものにかえたり、 キャビネットを壁の腰の高さに固定したり、 ドアのちょうつがいを反対側に移したり、家がもっと使いやすくなるようにしてきました。
車いすを使用している人たちはそうやって自分たちの必要に応じて改善してきました。 ブ―という名のスウェーデン人は地元の工場で車いすの設計をしている人ですが、 階段を上ることのできる車いすを作ったり、車いすをもっと快適で、 操作しやすいものにする方法を考えています。
なぜなら彼は自動車の交通事故のために両足がマヒしているからです。

キャビネットのイメージ
自分自身を助ける物品の考案

身体障害者が自分自身を助ける物品を考案すれば、すぐれた発明家になることができます。 車いすを動かすために自分の手を使うなら、 筋肉や心臓や肺の良い運動になることでしょう。
電動もすぐれているかもしれませんが、使い続けると運動が不足し、 筋肉が弱くなるといった問題を抱えています。その後膝が硬直し、 足がはれ、運動不足に陥っていることを明らかになります。
身体的な労を払う必要性を省かないほうが賢明な場合もあります。 実は飛行機、列車、バス、船など、手動の車いすでも世界一周旅行が可能なのです。 車いすを実用化するには幅をできるだけせまくすることが大切なことが分かります。
使用者のもっとも適合する車いすの座席、高さ、バランス、重さ、 機能を考えて、車いすはできるだけ個人の必要に合わせて作ることが必要です。

旅行のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

JISマーク取得の安心・安全なアルミ製車椅子

【松永製作所】ECOシリーズ アルミ製スタンダード車椅子
【松永製作所】ECOシリーズ アルミ製スタンダード車椅子
  • 介助ブレーキつき
【松永製作所】ECOシリーズ アルミ製スタンダード車椅子