卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 祖母と私の幸せな時間

祖母と私の幸せな時間

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
交通事故で祖母が突然の骨折

私の祖母が事故で車椅子生活になった話です。
私の祖母はとても散歩が大好きで、よく犬とお散歩に出かけたりしていました。 私は毎日お散歩する祖母をあまり気にしてはいませんでした。 祖母はまだ元気だから大丈夫だろう、まだ頼み事くらい出来るだろうと思っていたんです。 そんなある日の事、祖母がお散歩に出掛けた所、事故にあってしまいました。 私は急いで祖母が居る病院にかけつけました。
祖母は足が骨折していて、命の方は大丈夫だったそうです。 それから、祖母の車椅子生活が始まり、私は祖母のお見舞いに行ったりしていました。 車椅子は嫌なのか、一人で車椅子で移動しようとはしませんでした。 「散歩に行かないの?」と聞くと、「歩けないからいい。」 と言うので、私はそんなに気にはしてなかったんです。

運動会のイメージ
骨折は治ったが元通りの生活は難しくなった祖母

祖母は、いつも自分の力で何でもこなすような人だったんです。 畑仕事から、買い物や、ゴミを捨てに行ったりと、なんでも自分の足でしていました。 それが今は車椅子生活となると、祖母は嫌だったのでしょう。 自分がしなくてはならない事ができなくなって、 ずっと、部屋にこもって、そんな病院での生活が続いたんです。 数ヶ月が経ち、祖母の骨折は治り退院が決まり、家族みんなで喜びました。
しかし、病院の先生から「骨折は治っても、もう畑仕事など、 負担がかかることは出来ません。」と言われ、祖母の顔はあまり喜んではいませんでした。 祖母は家に帰り、いつものように部屋でテレビを見ていました。 もちろん、退院しても車椅子は続きます。 歩くと足に負担がかかるので、車椅子生活となっています。
私は、祖母が気になり時々祖母の家に行ったりして、 ご飯を作ったり、なにか手伝ったりしていたんです。

病院のイメージ
祖母の気持ち

それを何日も何日も続けましたが、 祖母は作り笑顔をみせて「ありがとう」と言い、私は帰ります。 私は祖母に何か出来ないかと、いつも考えていたんです。
すると祖母の家の御近所様から、 「おばあちゃん最近みかけないね、どうしたの?」 と言われ、私はピンときて思いつきました。
それは祖母が毎日毎日欠かせなかった散歩です。
祖母は毎日散歩をして、御近所様に挨拶をしながら、 運動をしていたみたいなんです。
私は急いで祖母の家に行き「散歩にいこっ!」と言ったんです。
しかし、祖母は歩けないからいいと言いました。

点滴のイメージ
車椅子で外に出ることを了承してくれた祖母

それの一点張りで、しようとしなかったんです。 私は、本当は祖母は散歩がしたいんだって思ったんです。 だったら、私がなんとかしなくちゃとそう思い、祖母に言ったんです。 「歩けなくても、車椅子でもいいから、外に出てみない?」って言ってみたんです。 祖母は恥ずかしながらも、了承してくれましたんです。
まず初めは、玄関前で外の空気を吸って、のどかな時間を過ごしたりしてたんです。 御近所様が通って、あいさつに来てくれたりしたんです。 祖母は車椅子での生活が恥ずかしいのか、あまり挨拶が出来てなかったんです。 しかし、これで良かったのです。
祖母はただ、今まで歩いて皆に声をかけながら 散歩をしていたのが車椅子になり、恥ずかしかっただけなのです。

車椅子のイメージ
祖母の笑顔

祖母に「そろそろ、外も慣れてきた?」と聞き、 慣れた様子なので、そろそろ散歩に出掛ける準備をしました。 そして、祖母と初めてのお散歩です。
この時、私は初めて心が温まったなぁと思ったんです。 なぜなら、祖母とお散歩が初めてで 何より私が車椅子を押してお散歩してる事です。
祖母の背中をゆっくり押しながら散歩をしていることに、すごく和んだんです。 時間が経つのは早く、祖母とのお散歩はすぐに終わったような感じにいつもなります。 でも、毎日毎日祖母とのお散歩で、幸せになる瞬間は、 手伝いをしたりして祖母が作り笑いの「ありがとう」が、 今では、本当の笑顔の「ありがとう」に変わった事です。
祖母は、その笑顔を御近所様にも配っていて皆も笑顔になり、とても、和みました。

学校のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

座幅38cm~体格に合わせてサイズを選べるセミオーダーメイド車椅子。小柄な方にも安心。

セレクトKS20シリーズ 車椅子
セレクトKS20シリーズ 車椅子
  • 介助ブレーキなし
セレクトKS20シリーズ 車椅子