卸売りだから出来る最大80%割引!

たかが体の一部、されど体の一部|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> たかが体の一部、されど体の一部

たかが体の一部、されど体の一部

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
人工透析をする祖母

祖母は私が物心ついたときには、自宅で自ら人工透析をしていました。
お腹に管を取り付け、点滴とはまた違う日課となっている 作業が当たり前の光景になっていましたが、 それが本人にとってどれだけ重要で体力を消耗することかを理解するのには、 病状が悪化してからのことでした。
片足が壊死し、切断を余儀なくされた祖母の顔色は冴えなく、 見ている方が辛くなるほどの生活でした。 それは片足を失うという悲しみが大半を占めたことでしょう。
手術は成功し、その日から祖母の車椅子生活がスタートしました。
慣れない寝起きに、入浴・トイレ・食事。
家族がつきっきりで見守るわけにもいかず、 人工透析を続けながらのことでしたので、 ある日にベッドからひどく転倒してしまいました。

心臓の悪い人のイメージ
両足を失った祖母

その怪我は運悪く、残された片足を失う程度のものでした。 しばらくは痛みと闘う日が続き、祖母は「もう死んだ方が楽になれる」 とまで思いつめるようになりました。
車椅子は便利だが、使いこなせなければただの乗り物と同じ。 けれども無くてはならないものであり、 生涯付き合わなければならないものでもあります。
私は祖母の気落ちした姿を見たくなかったこともあり、 会いに行くことを少し避けていました。
それから時間が経ち体力も回復し、痛みがとれてくるようになると 祖母は、まるで別人のように元気になっていました。

車イスと電車のイメージ
交流が多くなり、明るくなった祖母

なんでも足があった頃の方が痛みも多く、 外に出かけたり人に会ったりするのが億劫であったというのです。
今となれば、両足が無くても車椅子の方との交流が増え、 明るく生活できている上に、笑う機会も増えたように思います。
家族はみんなして驚きを隠せませんでした。 愛用の車椅子というと、祖母の体型に合わせて作っていただいたものですが、 過去にはタイヤがパンクしてしまうことや、 肘置きと背もたれが破れてしまうことがしばしば見られていました。
さっそく業者に連絡し、修理してもらうよう依頼しましたが なかなか来てもらえない事がありました。
本人でないと真の不便さは分からないことですが、 健常な人にとってはたかが車椅子の修理でしかなくても、 そこからの移動手段を一切絶たれるということと同じなのです。

折りたたんだ車イス
車椅子の調子

体調が優れないときに、すぐにでも病院で治療してほしいと いうような気持ちと、全く同じことと言えるでしょう。
身近に車椅子の使用者がいれば、お年寄りであろうと 子どもであろうと、少しでもその気持ちが理解できると思います。
また、私は介護福祉施設でも勤務していたことがあります。 多くの車椅子で動こうとしているお年寄りの方を、少ないスタッフで見守り、 さまざまな介助をしているのがまま見受けられました。
特に、自分で移乗したり操作したりできる方に スタッフは細心の注意を払っていましたが、 一度に多くの車椅子を誘導できるはずもありません。
それが善意や危機回避で「押してあげるので待っていてくださいね」

白い目のイメージ
車椅子は利用者にとって足

と声掛けをしても、自らで動けると判断してしまう方もいれば、 本当に自分で移動できるので操作したい方もいるはずです。 それを見つけて「待っているように言ったはず」 とひどく叱責するのは、見ていて悲しくなりました。
両者どちらの気持ちも分かるからです。 スタッフは家族に信頼され、預けられている方を 安全に見守ることに重点をおき、 車椅子の方も自分の行きたい方向に意思を持って動いたわけですから、 とても切なくなる現実でした。
こういう場合はどのように対応すべきか当時は迷いましたが、 叱責するのではなく、車椅子を物として考えずに 接するようにすれば良いのではないかと考えました。
その人の足そのものなんだというように考えることで、 また思い込むことでも、利用者の生活や精神面で少し変化がみられるのではないでしょうか。

日進医療器の車イス

この記事に関連したオススメ車椅子

ソフト軽量タイヤ仕様。おしゃれな軽量車いす、低床タイプなので小柄な方にもおすすめ。

【カワムラサイクル】座面高モジュール車椅子 BML20-40SB
【カワムラサイクル】座面高モジュール車椅子 BML20-40SB
  • 介助ブレーキつき
  • 軽量
  • ノーパンク
【カワムラサイクル】座面高モジュール車椅子 BML20-40SB