卸売りだから出来る最大80%割引!

私が体験した車椅子生活を通して|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 私が体験した車椅子生活を通して

私が体験した車椅子生活を通して

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
薄暗い道での転倒

現在心身ともに健康で、日々元気に仕事に励んでいる50歳男性です。 7年ほど前に体験した私の車椅子にまつわるお話をいたします。
ある日の夜、近所で会合があり、終了して帰宅途中の出来事でした。 会合があった集会場までは途中墓地があり、迂回するとどうしても遠回りになるため、 敷地内をまたいでいくと近道になるため、 墓地内の細い道を近道にと歩いていきましたが、 これが間違いでした。何度か通ったことがあるので問題ないと暗がりを歩いていると、 突然左足からそこが抜けたような感覚になり、転倒してしまいました。
後で見てわかったのですが、墓地の敷地を広げて整備するため敷地を造成していて、 50センチほどの段差ができていて、そこを気づかずに踏み外してしまい、 おまけに左手に重いバックをもったままの体制で思い切り左足でついてしまい、 激痛が走り起き上がったものの、痛みで歩くのがやっとのことでした。

暗いお墓のイメージ
アキレス腱断裂で入院

後方から歩いてきた仲間に肩をかりでなんとか自宅に帰り、 その日はそのまま床につき、翌日捻挫程度と思い自分で運転して 近くの整形外科を受診しました。結果はアキレス腱断裂で、 これ以上歩くのは無理だから、すぐ治療してそのまま入院しなさいとのことで、 入院期間も保存療法を使うので一ヶ月程度とのことで、 妊娠中の妻の出産を控え、こまったことになりました。
しかし歩けないことにはどうしようもなく、すぐ入院手続きをして、 治療を受けほどなく車椅子生活がはじまりました。
妻の出産も当初車で一時間ほどかかる実家近くの産婦人科で出産する予定を、 こちらで出産するよう変更して、私の入院に対応してもらいました。 しかし、今まで入院した経験などまったくなく健康できた私にとって、 左足を使うないというのはなんとも不便なもので、 移動にはどうしても車椅子が必要でした。

妊娠中の奥さんのイメージ
車椅子は何とも便利な道具

車椅子もはじめは慣れるようにといろいろと練習してみましたが、 なかなか思い通りにいかず、苦労した記憶がありました。
でもだんだんと慣れてくるととても便利な道具で、 整形外科なのでおなじ病院に入院している方々も、 車椅子生活の人が結構多くいて、年齢も内科と違い若い方も結構いました。
車椅子もはじめは重症患者の方が、看護師さんなどから後ろを押して もらったりしているような印象がありましたが、 実際医療現場で見てみると、小さな子供から健康そうな成人の方や、 お年寄りまでさまざまなかたが利用して、使用している理由も さまざまなれど車椅子がなくてはとても不便な状況で なんとも便利道具だと改めて感心させられました。
入院中の話ですが、近所にある本屋に行くだけという条件で 短時間の外出許可を得て、はじめて車椅子で外に出たときのことです。

本屋のイメージ
外出してみて初めて分かる不自由さ

病院内はトイレに行くにも、通路を移動するにも 車椅子での移動想定した作りになっているので、 まったく不便さを感じなったのですが、外に出てみると、 歩道を移動するにも想像以上に段差が多く、やっとたどり着いた本屋も入ってみると、 窮屈な通路に車椅子で入るのは他の人に気を使うためとても落ち着きません。
しかも車椅子なので立っているとなんなく届く高さの本にもとどかないし、 人が多くいる通路などとても気を使い、遠慮して入っていけませんでした。
当然トイレなども車椅子に対応していないところなど怖くて入れず、 結局本屋に行ったものの、ほとんど何もせず帰ってきてしまい、 車椅子で外に出ての行動がこれほど大変なのかと改めて考えさせられました。
最近の新しい店舗や施設は車椅子に対応したトイレを設置しているところも 多くなってきましたが、それでも数はまだまだすくないですし、 歩道や通路など車椅子の通行を想定しているようなところは まだまだ少ないように思いました。一ヶ月の入院生活を経て、 ギブスから装具の生活になり、退院も近くなり、 段差の多い自宅では車椅子も使えないことから、 歩行器や松葉杖を使っての訓練をして、なれたころようやく退院となりました。

松葉杖の男性のイメージ
母の為にリフォームを

自宅に戻ると、松葉杖での生活は車椅子にくらべると不便で、 なかなかなれませんでしたが、足のほうもだいぶ回復して、 さらに数ヶ月のリハビリを経てようやく完治することができました。
そんな経験をしたこともあったのですが、今度は母がひざを手術することに成り、 私以上にリハビリなどにも時間を要するようで、 自宅に帰ってからの生活は高齢の母にはかなりの負担になると考えて、 古くなっていたこともあったので、生活に支障がでそうだった 両親の部屋・浴室・台所・トイレをバリアフリー化のリフォームをし、 玄関の出入りも車椅子で出入りできるように改修し、 退院してきた母からは何も離していなかったので、驚きと感謝されました。
我が家でおこったささいな出来事でしたが、 世の中では車椅子を必要としている弱者の方はたくさんいます。
そんなかたがたのためにも、もつと健康な我々は、 そんな方々の思いをもっと考えるべきではないかと考えさせられる体験でした。

バリアフリーと車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

脚部はエレベーティングしますので骨折時など、足を上げておきたい方へおすすめの車椅子です。

【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-230
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-230
  • 介助ブレーキなし
  • はね上げ
  • エレベーティングスイングアウト
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-230