卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子が取り戻してくれた祖父の笑顔|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車椅子が取り戻してくれた祖父の笑顔

車椅子が取り戻してくれた祖父の笑顔

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
使用されていなかった車椅子

私をとても可愛がってくれていた祖父は、私が7歳のときに交通事故に遭ってしまいました。
乗っていたバイクが大破してしまうほどの事故で、命も危ない状況でした。 『生きているお爺ちゃんに会える最後のチャンスになってしまうかも知れない』と、 子供は入室禁止の集中治療室に看護婦さんが内緒で入れてくれたとき、 祖父は顔色も青白く、たくさんの管が巻き付いていて苦しそうでした。
幸い一命はとりとめたものの、頭を強く打っていたため後遺症が残ってしまいました。 あんなに可愛がってくれていたのに、私のことが分からなくなってしまったのです。
それどころか大声を出して暴れるため、手足をベッド柵に縛られていました。 母に連れられてお見舞いに行く度に、今日こそは思い出してくれるんじゃないかと希望を持ち、 期待を裏切られては落ち込んで帰る日々が続きました。
悲しくて、お見舞いに行くことすら嫌になってしまいました。

バイク事故
車椅子を押して見たひまわり畑

病院のベッドで縛り付けられながら寝ている人が、 私を可愛がってくれていた祖父と同じ人とは思えなかったのです。
なんとか急性期を乗り越え、リハビリテーション病院に転院することになりました。
その病院で、祖父は事故後に初めて車椅子に乗せてもらいました。 今までベッドで天井とにらめっこだった祖父は、車椅子で病室を出て、 決まった時間をリハビリ室で過ごすことになりました。
座っているだけでも疲れてしまうようで、 転院してからしばらくは病室に居たがりました。
ある日、いつものようにお見舞いに行くと、祖父が病室にいませんでした。 看護婦さんに案内されてリハビリ室に行くと、 祖父が下唇を噛み締めながら車椅子を自分でこいでいました。
座っているだけでも一苦労だったのに、 自分の意思で自分で移動が出来ている事に、本当に驚きました。

車椅子の写真
高級車みたいだね、と言う祖母

祖父に声をかけると、祖父は私を見て私の母の名前を呼びました。 そして、事故以来初めて抱き締めてくれました。 脳挫傷の影響で、私の事を自分の娘だと思い込んでいました。
看護婦さんが「いつも来てくれる娘さんをお見送りしたいって、 自分で頑張ってこいでるんですよ」と、教えてくれました。
それからはお見舞いから帰る時は、祖父がロビーまで 車椅子でお見送りをしてくれるようになりました。
車椅子という移動手段を手に入れから祖父は、 とても情緒が安定して暴れることもなくなり、 元の優しい表情が増えました。ベッドで寝ている時より、 車椅子で座っているときの方が目が合いやすくて、 会話も楽しみすく、ハグもしやすかったので、 車椅子は私にとっても嬉しいものでした。

見送る祖父のイメージ
ショッピングセンターでも進むバリアフリー化

そうなるとお爺ちゃん子だった私は祖父に会うのが嬉しくて、 学校から帰ると祖父の病院で過ごすことが多くなりました。
黙々と頑張る祖父の姿を見ていたので、自分も何か役に立ちたいと、 学校で木彫りのお守りを作る授業があったときは 迷わず祖父のお守りを作ることに決めて、 紐を通して車椅子に結んでもらったりしました。
何台も並ぶ車椅子の中から祖父用のものを選ぶとき、 私の作ったお守りがぶら下がっているのが自分の車椅子だ、 と祖父が選びやすくなったときいて誇らしかったのを覚えています。
リハビリを頑張った祖父は、表情が豊かになったり、 発語が増えたり、少しの間立てるようになったりと 祖父なりの回復は見せてくれました。

祖父を思いながら学校を帰る子供
高級車みたいだね、と言う祖母

でも、私の事は最期まで小さかった頃の娘だと思って接していたように思います。
それでも祖父の優しい笑顔で抱きしめられることができて、 車椅子に乗った祖父が大好きでした。
祖父が笑顔を取り戻してくれたのは、 車椅子で自分で行きたいところに移動できたという 小さな達成感だったのではないかと思います。
車椅子に座った祖父と一緒に撮った写真を見ると、 下唇を噛みながらリハビリをする姿や、 こぎ始めに少しきしんで「キィ」と鳴る小さな音を思い出します。

祖父の優しい笑顔

この記事に関連したオススメ車椅子

スイングアウト仕様。座面高さが選べる車椅子です。

【MiKi/ミキ】RXシリーズ姿勢サポート車椅子 RX_ABS Lo
 【MiKi/ミキ】RXシリーズ姿勢サポート車椅子 RX_ABS Lo
  • 介助ブレーキつき
 【MiKi/ミキ】RXシリーズ姿勢サポート車椅子 RX_ABS Lo