卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子のおかげで家が明るくなった話|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車椅子のおかげで家が明るくなった話

車椅子のおかげで家が明るくなった話

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
元気になった祖父を見たい

私の祖父が何年か車椅子を使っていました。
私が小さい頃に病気で倒れてしまい、手術もしました。 基本寝たきりで、私が小さい頃の祖父の印象というのは、 寝たきりというのしかありませんでした。
起きているところを見たことがなかったのです。 病気は幸い治りましたが、元々無かったという体力は尚更落ちてしまい、 やはりずっと寝たままでした。
祖母が祖父に何もさせなかったというのもあるかもしれません。 もうリハビリをしてもいいのに祖母が全部やってしまい、 これでは駄目だと思った父が私にあることを頼みました。
それは、ちゃんと起き上がって元気になった祖父を見たいと言って欲しいとのことでした。 子供である自分が言うよりも孫である私が言ったほうが、 祖母も言うことを聞いてくれるのではないかという父の考えでした。

車椅子
初めての車椅子

私はそのとき小学校に入るか入らないかくらい だったのですが、今思えばそういうことだったと思います。
私は祖母に伝え、そこから祖父はサポートを受けながらも自分で動くようになりました。 ただ、急に動いたり起きたりするのは大変なので、本当に少しずつではありました。 ですが、だんだん動けるようになって、起き上がることも増えました。
そこでやっと、車椅子です。最初、祖父はかなり不安がっていました。 しばらく寝たきりだったのです、仕方ありません。
ここで不安感を払拭するために、毎日少しずつ車椅子で祖父は過ごすようになりました。 最初は数分座るだけでしたが、そのうち自ら進んで何時間も座っているようになりました。
そこまでになるのに時間はかかりましたが、 祖父が自ら座ろうとしてくれていることも嬉しかったですし、 ちゃんと面と向かって初めて話したような気がするので、新鮮な気持ちでもありました。

車椅子に乗るおじいさん
ずっと明るくなった祖父

祖父の顔も寝たきりのときよりずっと明るく見えて、 こんなことを言うのは何ですが、違う人と話している気分になるくらいでした。
車椅子を利用するようになった祖父は、以前よりずっと 外に出たがったり人と話したがるようになりました。 そんなときは私が車椅子を押すようになりました。
いつの間にか、元気になった祖父の傍にいたいと思うようになったのです。 祖父の傍にいることが増えたおかげで祖父の人となりを よりよく知ることが出来ましたし、楽しそうな祖父の顔をたくさん見ることが出来ました。
ずっとベッドにいたら、決して見られなかった顔かもしれません。 ずっとニコニコ笑っていて、こんなふうにずっと笑っていてほしいなと思いました。
実は車椅子の使い方に中々慣れなくて頑張って練習したのですが、練習した甲斐がありました。

笑顔のおじいさん
車椅子で家族も明るく

その当時はやっぱり親に頼もうかと思ったこともありましたが、ちゃんと頑張ってよかったです。
そのおかげで、祖父の笑顔や楽しんでいる姿をたくさん見ることが出来ました。 いつの間にかベッドに寝ることはほとんど無くなりました。
お昼寝したいときや夜寝るときくらいになりました。 車椅子のおかげで祖父はだんだん普通の生活を送れるようになり、リハビリにも積極的になりました。
家の中なら動けるようになりましたし、外も短距離なら自分の足で歩くようになったのです。 車椅子を利用するようになったおかげで寝たきりも卒業し、自信がついたのかもしれません。 寝たきりのときは色んなことが面倒くさそうだったのですが、 様々なことに積極的になりましたし、色んなことがやりたそうでした。
だからリハビリを頑張るようになったのかもしれません。 当初は不安そうで仕方なかった祖母も、笑うことが明らかに増えました。
まさか車椅子1つで、こんなにも色んなものが変わるとは思いませんでした。 車椅子のおかげで、沈んでいた家の中や人が明るくなったのです。

明るい家族のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

肘跳ね上げ式&脚部スイングアウト多機能タイプ。

【MiKi/ミキ】BALシリーズ BAL-5
 【MiKi/ミキ】BALシリーズ BAL-5
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
  • はね上げ
  • スイングアウト
 【MiKi/ミキ】BALシリーズ BAL-5