卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 修理について

修理について

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
故障したら

車椅子が故障した場合。
それはもちろん、保証期間内であれば、すぐにメーカーや販売店に連絡し、対応してもらいましょう。
ご自身で直そうとして分解してしまうと保証がきかなくなってしまう場合もありますので、ご注意ください。
パンク修理は、難しくはありませんが手間がかかるので、自転車屋さんへ持っていきます。
他の整備の場合は、通常の工具以外に必要なものは、ブラシ、コンパウンド(傷直しのヤスリの液状のもの)、 油(グリース)、あとはタオル。

車イスの修理について
点検

タイヤをはずします。勢いよく引っこ抜くと、ワッシャーやスプリングワッシャーが飛び散るので慎重に。
タイヤを外したら、ワッシャーやスプリングワッシャーはもう一度タイヤ軸にはめ込み、ナットで止めておきます。
外した部品は必ずグループごとにまとめておきましょう。混ぜておいておくと、紛失したり、取付に迷い時間がかかることがあります。 磨きに関しては、フレームを磨けば磨くほど車いすは光ります。老若男女を問わず、この作業にはハマります。
何せ、磨いた分だけ光る。自分の成果が目に見えて現れます。

車イスの修理について
磨き上げる

汚れのひどい部分はコンパウンドをつけたブラシでこすります。
錆や固そうな汚れがなくなったら、コンパウンドをつけたぼろ布で磨きます。仕上げは、かわいた布でから拭きします。
タイヤは万力を使って固定すると磨きやすくなります。
このとき、フレームやシャフトをそのまま万力で挟むとゆがんだり、ねじ山がつぶれたりするので、 シャフトにナットをつけて、そのナットを万力で挟むようにします。

車イスの修理について

この記事に関連したオススメ車椅子

●座幅(38/40/42)・前座高(38/43) 選択式。使用者に合わせた車椅子に。

【マキライフテック】セレクトKS50シリーズ 車椅子
【マキライフテック】セレクトKS50シリーズ 車椅子
  • 介助ブレーキつき
【マキライフテック】セレクトKS50シリーズ 車椅子