卸売りだから出来る最大80%割引!

004_車椅子とバスケットボール|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 004_車椅子とバスケットボール

004_車椅子とバスケットボール

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子バスケットボールについて

パラリンピック正式競技でもある車椅子バスケットボールについて書きたいと思います。
車椅子で行うバスケットボール。
ルールは一般のバスケットボールに準じていますが、車椅子の特性が考慮されており、
ボールを持った状態で2プッシュまで車椅子をこぐことが認められています。

バスケットボールのユニフォーム
ルール

連続して3プッシュ以上こいでしまうとトラベリングとなります。
またダブルドリブルは適用されません。
コートの広さやリングの高さに関していえば、通常のバスケットボールと同じになります。
使用する車椅子は競技用に作られたバスケットボール専用のものが使用される場合が多いです。
選手の障害状況に応じ、点数が各自に1.0点から0.5点きざみにて4.5点までと定められ、
1チーム5人の持ち点合計が、14点以下でなければなりません。 バスケットボールの競技技術はもちろんのこと、車椅子の操作性、技術も求められる種目ですが、
障害者スポーツの中でも花形のスポーツとされています。

車椅子バスケットボールのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子グッズ

特殊な滑り止めを皮に配合した素材です。グリップ力を確保します。

【カワムラサイクル】グローブ グリップマスター
【カワムラサイクル】グローブ グリップマスター
【カワムラサイクル】グローブ グリップマスター