卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車椅子とサッカー

車椅子とサッカー

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子サッカー

車椅子の競技にもサッカーがあります。
しかも電動車椅子を用いて行う競技にです。
「電動車いすサッカー」といい、足を使いません。
選手たちの多くは、自立した歩行が困難な障がいを持った方が多く、 なかには首の保持ができないほどの重度な障がいを持った方もいますが ジョイスティック型のコントローラーを手や顎などを使って、 電動車いすを巧みに操ることによってプレーをしています。

サッカーグラウンドのイメージ
華麗な技

選手に男性・女性などの制限はありません。
国際的には、『パワーチェアーフットボール』とよばれています。
電動車椅子サッカーの醍醐味、魅力はなんといってもコントローラーを使った華麗な車椅子操作にあります。
最高スピードは国際ルールによって時速10キロ以下と決められているのですが、 実際の体感速度はまるで自転車で走るようなスピード感です。
電動車いすの前面に取り付けられるフットガードにてボール(直径32.5cm)を上手にコントロールし、 前進や後退、回転などをしてパスやシュートをし、迫力のあるプレーを展開します。

サッカーボールのイメージ