卸売りだから出来る最大80%割引!

介護用品の卸センター|卸ならではの日本最大級の品揃え!

車椅子のプロライダー、アーロンさんに学ぶ「挑戦」することの大切さ

こんにちは。介護用品卸センターのTAKAです。
 
皆さんは「ナイトロサーカス」というパフォーマンス集団をご存知でしょうか?
 
バイクなどの乗り物を使ったパフォーマンスをされている方達なのですが、凄いですよ?
バイクに乗ったまま、当たり前のように宙返りしたりするんですから。

今年の3月に日本公演が行われていたらしいのですが、私が彼らのことを知ったのは、
その公演が終わってしまった後でした。見逃してしまったことが悔やまれます。

 

そんな圧巻のパフォーマンスを見せてくれる「ナイトロサーカス」ですが、
実は彼らの中に、車椅子に乗ってパフォーマンスをされる方がいます。

 

彼の名前はアーロン・フォザリンガム。
生まれつき二分脊椎症という障がいを持って生まれてきました。
彼はこの障がいにより、車椅子での生活を余儀なくされます。
 
生まれつきの障がい、不自由も多い車椅子での生活。
普通の人ならば心が折れてしまうこともあるでしょう。
 
しかし、彼は挫けませんでした。
車椅子の生活を「制限」ではなく「チャレンジ」だと考えたのです。
 

前を向き続けたアーロンさんに転機が訪れたのは8歳の時。
兄ブライアンさんに連れられて、スケーターたちが集まる公園を訪れた時のことです。
 
ブライアンさんとその友達の一言がきっかけでした。
「(アーロンさんに対し)お前も斜面を滑ってみたら?」と勧めたのです
 
こわごわとスケート用の斜面に上がるアーロンさん。
いきなり上手く滑れたわけではありません。
すぐに転んでしまいました。たくさんたくさん転んでしまいました。

 
6か月後、車椅子の後輪を持ち上げて段差を上るというトリック(技)を使えるようになりました。
6年後、ラスベガスのAmJた、いくつ勝つことが出来るようになりました。
そして2010年。車椅子では世界初となるダブルバックフリップ(後方2回転)に成功しました。
 

前を向き続けた少年は、重力を超え、空を舞うことに成功したのです。

 

青空画像

 

アーロンさんは言います。
「車椅子に乗っている人々の認識を変えたい」「挑戦すれば夢は叶う」と。

 
すべての人が彼のように強く生きられるわけではないでしょう。
 
それでも、それだからこそ。
今の自分に出来る「挑戦」を、日々積み重ねていこう。
そんなことを、考えさせられるエピソードでした。
 

2015年7月4日