卸売りだから出来る最大80%割引!

軽量車椅子と足こぎ車椅子|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 軽量車椅子
  3. 軽量車椅子と足こぎ車椅子

軽量車椅子と足こぎ車椅子

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

軽量と呼ばれるライン

カワムラサイクル軽量車椅子のイメージ

正確な基準があるわけではありませんが、
手動のものは大体15kg以下が軽量車椅子に分類されます。
販売サイトでは10~12kgあたりで超軽量としており、
自走式、介助式に関わらず人気商品の一つです。
電動式の場合モーターを使用しているので重くなりますが、
それでも20kgという軽量の電動車椅子も存在します。
基本的には高齢者や女性向けですが、軽くて困る事という事はありません。
自走するにも介助するにも軽量の方が移動はしやすいですし、収納も楽です。
メーカーもできる限りの軽量化を目指しており、万人向けと言ってもいいでしょう。

画期的なリハビリ、足こぎ車椅子

3万程度のの軽量車椅子のイメージ

足こぎ車椅子というものをご存知でしょうか。
そもそも足が不自由だから車椅子に頼る筈なのに、
何を言っているんだと思う方も多いかもしれません。
しかし、足こぎ車椅子は足が動かない方でもこぐ事ができるのです。
普通、足を動かす時は脳からの指令によって動きます。
足の麻痺は、この脳からの指令が
様々な原因によって伝わらない事から起こります。
しかし、足を動かす指令を出す期間は、脳以外にも存在するのです。
それが歩行中枢と呼ばれる、脊髄の腰周辺に存在する機関です。

足こぎ車椅子の仕組み

カワムラサイクル軽量車椅子のイメージ

歩行中枢は、足を交互に動かすという指令を司っており、
脳からの指令が無くても足を動かす事ができます。
これを利用して、車椅子をこぐ事が可能なのです。
自転車をこぐ時を想像してもらうとわかりやすいと思います。
片方で回したペダルはもう片方が動かなくても
足の重みだけで回ってくれますよね?
これを利用すると、麻痺した方の足が動くことが可能なのです。
これが驚くほどのリハビリ効果を生み出してくれます。

この記事に関連したオススメ車椅子

【カワムラサイクル】ふわりす 軽量車椅子 KF16-40SB
強度はそのままだから安心!カワムラサイクルの軽量車椅子!
【カワムラサイクル】ふわりす 軽量車椅子 KF16-40SB

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.