卸売りだから出来る最大80%割引!
  1. 車椅子卸センター
  2. 室内用車椅子
  3. 室内用車いすの種類

室内用車いすの種類

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

室内用車いす

様々な室内用車椅子のイメージ

室内用車いすにもさまざまな種類の車いすがあります。
座敷用車いす、六輪車椅子、入浴用車いす、座席昇降式車いす、 スタンドアップ車いすなどがあり、それらはすべて特徴、メリットデメリットがあります。
また、競技用ですがバスケ用車いすも室内用車いすです。
トイレ・シャワーチェアも室内用車いすと分類できます。
また、介助用では介助用手押し車いすやストレッチャーなどがあります。

室内用車いすの種類

部屋のイメージ

座敷用車いすは和室用車いすともいわれ畳上からプッシュアップで 長座位の状態で乗り移ることができます。タイプはシートが低く12cmほどで、 車輪は小さいです。欠点は1メートル以上という全長が長いので、 主に広い空間・部屋が用意されていないと使用は難しいでしょう。
六輪車いすですが、大車輪が車いすの前後の中央にあり、 その前後にキャスターを取り付けた車いすのことです。
特徴としては小回りがきくので部屋と部屋の移動間がしやすいこと。
障害の適応としては対麻痺、片麻痺や慢性関節リウマチなどがあります。
キャリングチェアは、シートが正方形でキャスターが取り付けられただけのシンプルなものです。
主に洋室や廊下などの、手すりや家具につかまりながらの移動となります。
適応とするのは座位が安定している人、もしくは危険が予測できる人です。

浴室用車椅子

入浴用車いす

また、特殊な用途としてあげられるのが、
入浴用車いす、座席昇降式車いすです。
入浴用車いすは座ったままでシャワーが浴びられます。
またアームレストが着脱でき狭い浴室の中でも使えるよう
コンパクト設計となっています。
座席昇降式車いすは、後方が大車輪で座席が昇降できます。
座席昇降用のレバーと装置がついているため、
和室などで座るときに操作することができます。
デメリットとしては重いこと。よって、車いす自体を車に乗せる、
または収納することなどはかなりの労力が必要となります。

スタンドアップ車いす

スタンドアップ車いす

スタンドアップ車いすは起立用のレバーとガススプリングによる補助装置がついており、 アームレストと大車輪の間に取り付けられた
レバーを引くことによって立ち上がることができます。
こちらもデメリットとしては重いことがあげられます。
他にも、トイレシャワーチェアというのがありますが、
これはシートの下にポータブル便器をセットすることができること、
浴室では座ったままシャワーを浴びることが出来るといった製作となっています。

その他の室内車椅子

介助式室内用車椅子

介助用の室内車いすというものもあります。
シートの高さは低くとなっており、座角度が大きい作りです。
適応とするのは座るのが安定しない重度の肢体不自由児です。
また、電動車いすというのは一般的に屋外で使われることが多いですが、
室内専用電動車いすというものもあります。
これは狭い室内でも小回りが利くように設計されており、
六輪での電動車いすです。
駆動輪二輪をシート中央にし、二輪ずつキャスターをつけ、
一点で旋回を可能にしています。
そうすることで高低差のある敷居を乗り越えられるよう工夫されています。

多種多様な車いす

車椅子の男性の写真

車いすの選択は多種多様で、その人の障害や生活パターンで変わってきますが 利用者にとってそれが疲れない車いすなのか、操作はしやすいか、
耐久性はあるかなどの条件をあてはめ購入にいたります。
我々は少しでも車いす利用者の気持ちにたって考え行動し、
介助するもしくは手助けするなどしなければなりません。
また、車いすの処方ですが利用者の諸条件を考慮し
総合的な判断を医師が行います。
車いすを処方する際、計測しますがその基準値、
寸法は決められており利用者もしくは
介助者はそれにならった車いすの選び方をします。
歩行補助具として身体的・空間的もしくは物理的などの
条件を満たした選択によって、手に入れることができます。

この記事に関連したオススメ車椅子

【MiKi/ミキ】Skit(スキット)介助型 車いす(6輪)SKT-6
室内の狭い場所をスイスイ移動できるスレンダー6輪車いす
【MiKi/ミキ】Skit(スキット)介助型 車いす(6輪)SKT-6

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.