卸売りだから出来る最大80%割引!

室内での車椅子

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

生活スタイルと車椅子

車椅子のイラスト

車椅子と聞けばたいていの人が外での使い勝手のよさや電動車いすなどを思い浮かべると思いますが、 実際のところ外に出てつかうよりも、室内での生活で車椅子を使うほうがずっと多いのですから、 室内で使いやすいものを選ぶべきなのです。 室内といえどもいろいろあり、カーペットのところもあれば、 フローリングのところも、畳のところもいろいろ有ります。 車椅子によってはその部屋に入れない、 または入ると傷がついてしまうということも有ります。
自分のへやでゆっくりと生活したいと思うものですし、 それなのに入ってはいけない車椅子に乗ってしまうのはとても不自由な生活を強いられることになります。
また、元来車椅子生活をしている人と、不慮の事故により車椅子生活になった人とでは 生活スタイルがまったく違いますし、男性と女性、若い人かご高齢の方かによってもちがってきます。

頑丈な車椅子

室内車椅子写真

ほかにもヘルパーや身内の人に押してもらう生活と、
自らが自由に動きたいと考えている人によっても違ってきます。
このように車椅子といってもみんながみんな同じものを
乗るわけではないということから考えていかなければなりません。
そこで、室内に的をしぼってどんな車椅子を選べばいいかを検討してみたいと思います。
まずは基本的に誰にでも共通して言えるのが、軽くて丈夫であるということです。
すぐに折りたためて収納するのも楽であったり、
仮にこけてもびくともしないような頑丈な車椅子がいいですね。

室内での使用イメージ

室内用車椅子スキットの写真

お年寄りなどはよく転倒することがありますが、 あまり重いものだと倒れてもすぐに起き上がれないですし、 その車椅子の重みでけがをするかもしれません。
後方に転倒しそうなお年寄りの場合は転倒防止バーをつけましょう。
また、ベッドでの生活が長い人はそのベッドの高さに合うような車椅子を選ぶのもよいでしょう。
人によっては背丈や体重などまったく違ってきます。 ベッドからすぐに車椅子に移れるものが一番いいですね。
あと、最近ではスリムな車椅子が出ていますが、これもポイントですね。
室内ではできるだけコンパクトなほうが動きやすく、小回りが利きやすいものです。

軽くてスリムな室内用車椅子

室内車椅子写真

軽いのでスリムなもののほうが動きやすくていいでしょう。
あとは、シンプルなものほど値段がやすいというのも魅力的です。
軽くて丈夫でもあまりに値段が高いのも考え物です。
室内の車椅子というのはそれだけ使用頻度も高いということ。
となると修理に出したり、ふるくなったからもう一台と気軽にできなくなってしまいます。
やはり買い求めやすいものを考えたいですね。
また、子供さんで車椅子に乗る場合は車椅子の間接部分などに指などがはさまないか、 そういう危険な部分がないかをチェックしてあげるのが大切です。
使い勝手がよいとおとな目線で見ると思わぬ落とし穴があるかもしれません。
しっかりと子供の目線で危険な部位はないかを確認して購入したいものです。

時分にピッタリな車椅子

室内用車椅子の写真

以上のように、室内の車椅子選びといっても角度を変えると いろいろ検討すべき項目はたくさん有るもので、 一概にこれがよいということはできません。
自分のライフスタイルに合ったものをえらんで かいてきな車椅子生活を送るべきです。
特に年配の方で車椅子生活をされている方は自分で操作したいという部分と、 人におしてもらわなければならない部分と有ると思います。必ず本人と立会いの下、 いい車椅子を選び、納得できるものを選ぶことです。
車椅子を置いている福祉関係の店などにいけば専門のスタッフもおられますから、 アドバイスをもらって自分に最適な車椅子を探すようにしましょう。
自分にぴったりのものを見つけたときはサイズぴったりな 靴を履くのと同じ感じですので、しっかりと選びたいですね。

この記事に関連したオススメ車椅子

【MiKi】Skit(スキット)介助型 コンパクト車いす SKT-2
肘跳ね上げ・脚部スイングアウト付きでベッドなどへの移乗に便利な室内にもオススメのスリムな車椅子。
【MiKi】Skit(スキット)介助型 コンパクト車いす SKT-2

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.