卸売りだから出来る最大80%割引!

6輪車椅子の話

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

室内での車椅子利用

6輪車椅子のイメージ

標準の車いすは、ほとんどが4輪ですね。
ですが、室内用で便利に動きたいなら六輪車いすが良いかもしれません。
六輪式は標準タイプ(後輪駆動型)の主輪を座面のすぐ下においています。
主輪は一番大きな車輪のことで、主輪の前後に小さな車輪がひとつずつついています。
左右合計で、6輪というわけです。
室内用6輪車いすは、車軸位置が通常よりも前にあるので旋回スペースが小さくて済みます。
また回転軸が利用者の体の近くにあり、上半身に力が入りにくい高齢者でも動かしやすくなっています。
小回りが利きやすいんですね。

室内で使用する際のポイント

室内のイメージ

6輪にするメリットは、小さな力で車いすを回転しやすくすることです。
日本の家は広々とスペースがとってあるわけではありません。
家具などにぶつからないようにして、狭い場所でも自由に最低限の負担だけで動けるようにするのが、室内用車いすを選ぶときのコツです。
もちろん車いすそのもののサイズもあります。
室内用車いすは通常70センチ以下のものが多いです。
しかしそれ以上に小さい車いすもあります。
コンパクトタイプの車いすでは、座面幅40センチ、
横幅50センチというサイズもあります。
ただコンパクトな車椅子だけに、利用者の体格や通常の姿勢と
車いすが合致しているかどうかは、購入前にチェックしておく必要があります。
家屋にあった車いすを買っても、本人が乗りづらければ使いにくいですね。

この記事に関連したオススメ車椅子

【カワムラサイクル】室内用六輪車いす こまわりくん KAK18-40B-LO
適合調整シート&座シート奥シート奥行調節機能等、コンパクトで機能も充実ノーパンク仕様。
【カワムラサイクル】室内用六輪車いす こまわりくん KAK18-40B-LO

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.