卸売りだから出来る最大80%割引!

車いす用クッションの役割と選ぶ際の注意点|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 車椅子クッション
  3. 車いす用クッションの役割と選ぶ際の注意点

車いす用クッションの役割と選ぶ際の注意点

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

接触面を大きくする

座位のイメージ画像

車椅子に座っているとき、体重の大部分を座面で支えています。
ということは、この臀部にかかる力を分散させるには、 接触面をできるだけ広くすることが望ましいということになります。
車いす用クッション(座面)があれば、大腿部が膝側に近づくほど 細くなっていることから生じる大腿部と座面の間の隙間をなくし、 接触面を増加させやすくなります。
臀部にかかる力を分散させる機能は、痛みの軽減や褥瘡の予防に繋がるため、 クッションに求められる役割の中でもっとも重要です。

さまざまな注意を払う

座っているときの骨の様子画像

車いすにおける座位では、臀部とクッションを密着させる事が重要となります。
褥瘡の発生や快適性にも影響する通気性(蒸れの軽減)や放熱性などにも配慮が必要となります。
失禁の心配がある方は、防水性の機能が求められます。(過剰な水分接種はムレ等の原因となり、褥瘡を誘発します)
また、高齢者と健常者では臀部の形状も異なり、脂肪がなくなり、臀部(仙骨)がでてくるため注意が必要です。

この記事に関連したオススメ車椅子

【ケープ】デュオジェルクッション | 車椅子用クッション
体重を受ける後ろ側には流動性ジェルを採用
【ケープ】デュオジェルクッション | 車椅子用クッション

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.