卸売りだから出来る最大80%割引!

各クッション素材の特徴|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 車椅子クッション
  3. 各クッション素材の特徴

各クッション素材の特徴

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

車椅子用クッションの役割と種類

座った状態のイメージ画像

車いすのクッションの役割や種類についてご案内したいと思います。
そもそも車いすに座った状態で体重の大部分は座面にて支えていますが、 体圧を分散させるためには接触している面をできるだけ広くしてあげることが望ましいです。
そうすることにより痛みの軽減などにもつながります。
いろいろな種類の素材がありますが、各種類の特徴については以下の通りです。

各素材の特徴

車椅子クッションの画像

・ウレタンフォーム 他の素材に比べ比較的安価で、加工しやすい。
また硬さや厚みなどを自由に変えられる。
水分や直射日光(紫外線)に弱い。
馴染みのある低反発クッションも実はウレタンフォームの一種にあたります。

メリット・デメリットに注意しましょう

車椅子クッションの画像

・ゲル(ジェル)
衝撃吸収性にとても優れている。
また材質変化が起きにくく、長期使用しても効果が持続します。
通気性に関しては少し難あり。
・空気(エア)
空気量の違いによって影響するものが大きい。
長い期間にわたり使用するのであれば、定期的な空気量のチェックが必要不可欠となってきます。
体圧分散性で優れている順に並べるなら空気、ゲル、ウレタンフォームの順になります。

この記事に関連したオススメ車椅子

【ケープ】Gel-T クッション | 車椅子用クッション
内部がジェル状でお尻に合わせ体圧分散・ずれ対応
【ケープ】Gel-T クッション | 車椅子用クッション

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.