卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子メーカーと消費税|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 日進医療器の車椅子
  3. 車椅子メーカーと消費税

車椅子メーカーと消費税

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

消費税の値上げが課題に

車椅子

2014年4月より、消費税が5パーセントから8パーセントに値上がりし、 増税となりました。各地で消費税アップへの悲鳴が上がっていますが、 この影響を大きく受けているのが日進医療機器をはじめとする
車椅子ブランドです。なぜなら、車いすというものは非課税であり、 消費者から消費税をとるという考え方がないためです。
車椅子を作るために企業は多くの材料を購入しますが、 その消費税はもちろん企業が支払っています。
でも、消費者から消費税をとることができないため、メーカーの多くは 値上げされたぶんまで利益を削って 販売をするという事態に追いやられているそう。

車椅子メーカーの事情

車イスとスポーツ

「じゃあ値上げしたらいいじゃない」と言われるかもしれませんが、 企業にとって車椅子の価格を上げるというのは死活問題につながります。
誰でも「できるだけ安い車椅子が良い」というのが本音ですから、 価格が高くなったというだけで他の企業に お客さんをとられてしまう可能性もあるのです。
それを考えれば、どんな企業だって簡単に値上げはできません。
これは、世界から認められている 日本の車椅子技術が衰退する可能性もある危機です。
今後に何かしらの救済措置があることを期待したいですね。

この記事に関連したオススメ車椅子

【日進医療器】 介助式車椅子 スチール製 リクライニング NHR-12
ヘッドサポート高さ・角度調整式、フルリクライニング車椅子。
【日進医療器】 介助式車椅子 スチール製 リクライニング NHR-12

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.