卸売りだから出来る最大80%割引!

四回目の交換で納得

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

母の使う松永製作所の車椅子

車椅子を介助する人のイメージ

私の家では、母がかれこれ10年以上車椅子を使っています。
使っていますのは松永製作所の車椅子です。 ずっと松永製作所のものを使っていまして、現在のものが、四台目になります。 2台目といいましても、壊れたり、古くなったりということで、2台目ということではありません。
母が使用するのは、普段は、近くの福祉施設への通所のためや、 病院、買い物、ドライブなどに車椅子を使用していました。 一番最初のものは、全体的に低い車椅子でしてわりと母は大柄なほうですから、 なんとなくではありますが、身体が飛び出ているような感じではありました。 それから、普段移動する交通手段はほとんど、車椅子対応の、 車ですから、施設などの、タウンエースのような大型のワゴン車は横幅などは、 特にフリーサイズでいいとは思いますが、 わが家の軽自動車タイプになりますとそうはいかないのです。
それで1台目の車椅子は、幅的には何の問題もありませんでしたが、 1つだけ、嫌な部分がありました。それは、車体が低いがゆえ、 どうしても、自宅の車に乗せる時に、車椅子を前に押す時の 力の入れ具合がどうしてもぎこちなく、乗せる時は、自宅の車の車体から、 乗せ台が斜めに伸びるようにはなっているものの、 これが前の自宅の車は自動的に引っ張り上げてくれるものならいいものの、 単なる坂道を押し上げるという状況ですから車体が低いと どうしても押すということがしんどくなってしまうんですね。

使用するにあたっての車椅子の問題点

車椅子のイラスト

それともうひとつ1台目の車椅子の問題点を思いだしました。 幅が狭いといいましたが、車体横幅が狭いのと同時に、 前輪のタイヤの左右の幅にも問題があったんです。 それは、自宅の車に乗せる時に、車内の車椅子を乗せる床下は、 車椅子の前輪後輪用の溝のようなものがありますから、 この溝と溝の幅にマッチしないときっちりと安定しないことになり 車椅子を上手く乗せることはできません。
この1台目の車椅子は乗せることは出来ていたのですが、 あまりにもギリギリのサイズだったものですからギッチリという感じで 時には前輪が上手く回転しないこともよくありました。
1台目の車椅子の最大弱点はこの二点にありました。 良い点もないことはなかったとおもいますが、弱点の方が大きかったように思いました。 それで、実際に座っていた母の意見も聞いたのですが、 やはり、あまり気にいったという感じではありませんでした。 私自身が座った感じでは特に問題はなかったのですが、 実際に座る人の意見が大切ですから、この1台目の車椅子は交換することにしました。

松永製作所のオアシスシリーズ

様々な車椅子のイメージ

通常車椅子は近くの福祉用具専門店のお店から持ってきてもらっていたのですが、 お店の方に実際に自宅へ来ていただきまして、 先程の事情をお話ししましたところ、少し時間を下さいということで、 代車を置いていかれました。その代車の使い心地がかなりいいものですから、 母も私もこれがいいと心底感じたものですから、次の日には電話しまして、 同型のものをお願いしたんです。その車椅子の名前は、オアシスというものでした。
何が使い安いかといいますと、先程の不具合を全てクリアしていることと、 押す時の取ってで、リクライニングできる機能になっているのです。 それと、枕といいますか、頭の部分に四角いマットの取りはずしが できるようにもなっているのです。これは今までにきずかない点でもありましたから、 母が車椅子に長時間座っていて、疲れないという点では もう最高の車椅子といってもいいくらいです。
重量的には若干ではありますが重くなっていました。 しかし車体の高さがありますから、1台目ほどの苦痛は完全になくなりました。 電動車椅子は、母の場合は病気の都合上使用できませんから、 手動の車椅子の中では、母や私にとってはオアシスは最高峰の車椅子です。 松永製作所様とお店の方に感謝しています。

この記事に関連したオススメ車椅子

【松永製作所】ティルト&リクライニング連動式コンパクト車いす OS-12TR
ティルト&リクライニング連動式コンパクト車いすオアシスリクライニングシリーズ。
【松永製作所】ティルト&リクライニング連動式コンパクト車いす OS-12TR

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.