卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子に関しての考え方|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 松永製作所の車椅子
  3. 車椅子に関しての考え方

車椅子に関しての考え方

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

老人福祉施設で見た松永製作所の車椅子

松永製作所のシンプルな車椅子

私はこれまで、幾度か様々な福祉施設において車椅子に乗った方を目にしたり、 あるいはボランティアなどにおいて実際に車椅子への高齢者や障害者などの 入所者の方の移動介助動作などをしたりした経験などもあります。
その中でも私が、今から20年くらい前にとある老人福祉施設への ボランティアへ出掛けた際に、同施設で扱っている 介助車椅子を初めて扱った時に気が付いたのは、 そこでは製造メーカーの1つである松永製作所のものがとても多かった点でした。
恐らく量産式の製品類のものであったような感じもありましたが、 アルミ製の割には重量なども大変軽く、素早く変形をさせて 介助動作を迅速に行えることが可能な車体類でしたので、 当時はその扱いやすさについて大変驚かされたような記憶があります。
そして、当時はまだ軽量で操作が可能な自走用自動車椅子などが無い時代でしたので、 必ず介助者の同伴などが義務付けられたりしているところなども少なくは無く、 このためこのような同製作所などが製造をしているような アルミ製である軽量タイプの介助車椅子がメジャーなようでした。

入所者の立場で考えていく必要性

施設のイメージ

そして確か、その当時にそこの介護士職員の方へ 私は車椅子の値段を1万5、6千円くらいと思ったより 安いと思ったような記憶があります。 それでも軽くて中々丈夫であり、 クッション性の面などにも大変優れ、扱いやすい製品でした。 テレビなどで一場面にしか放送がされたりしないような 車椅子に関してのそれまでのあり方というものが、 その時点で大きく変わったような感じがしました。
それはやはり、介助者側による主観的な介助動作などでの あり方でボランティアでのやるべきことを考えたりしていくのではなく、 介助を受ける側の高齢者や障害者などをはじめとする入所者の立場で考えていく 必要性があり、そのうえで介助者と入所者両者による調和がとれていくというカタチが、 この車椅子での扱いにおいての典型的なカタチであると、 自分なりに理解を出来たような感じがしたからです。
ようく考えてみると、その車椅子に座るあるいは座ろうとして いるべき入所者の方のために、様々な介助行為を行わなくてはなりませんので、 介助者自身による自己満足的な介助についての主観的なあり方あってもダメなのは当然といえます。 その入所者本人が真に心から、満足をするカタチのものでなければ 車椅子においての介助行為としての意味が無いものといっても過言ではありません。 松永製作所の車椅子はその点についてしっかりと計算された製品づくりをされておられるように感じました。

これからの車椅子の在り方

松永製作所の介助型 アルミ製 AR-911S

話がだいぶ車椅子本体の内容からずれてしまいましたが、 技術向上で便利になっていくからこそ、この介助をする側としても 車椅子においての入所者への扱いという心得を忘れたりしてはならない事は間違いがありません。
性能の良さなゆえに、とくにあれからボランティアをやって以来 15年以上経つ現在においては、この心構えなどはなおさら 必要となっていると私自身は考えています。
そしてある程度の介助行為を行う上での肉体的及び 心理的苦痛などを伴う事は不可避なあり方であるといえますので、 この事を理解をしておくことはとても大事であるといえます。
そしてその私が当時ボランティアをした頃などよりも 松永製作所を始めとするメーカー開発により車椅子自体に関しての 製造技術や機能性などは大変な向上がなされたりしているものと思います。
その分介助者に対しての扱い面での様々な負担なども かなり軽くなっているものと考えられますが、 それでもやはり介助者(自走式及び自走電動式の場合には それへ座る入所者自身も)が関わっていくという点では基本的に変わりが無いといえます。
このため、新たな課題などがそこで出てきたリする事なども決して少なくはありませんので、 ボランティアにおいての先程話した心構えを忘れてはならないと思うのです。

この記事に関連したオススメ車椅子

【松永製作所】コンパクトセミモジュールタイプ 介助型 AR-911S
ARシリーズ アルミ製コンパクトセミモジュール車いす 介助型 AR-911S
【松永製作所】コンパクトセミモジュールタイプ 介助型 AR-911S

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.