卸売りだから出来る最大80%割引!

我が家が折りたたみ車椅子を選んだ理由|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 我が家が折りたたみ車椅子を選んだ理由

我が家が折りたたみ車椅子を選んだ理由

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

移動の多い介護生活に選びたい車椅子

折り畳み式の介助式車椅子

私の母は、車椅子利用者です。生活のパターンとして、 介護施設へのショートステイ、デイサービス、自宅介護のミックスを選択しています。
移動が多いため、必然持ち上げる機会も多くなりますので車椅子はコンパクトになる折り畳み式の物を使用しています。
足だけの疾患であれば自走式車椅子などでも良いのでしょうが、 母の場合、全身の運動機能が低下しており、自分で車椅子を操作する事が出来ませんので介助式の物を使用しています。

持ち上げるのに便利な折り畳み車椅子

車椅子を車に乗せる

母の様な場合には折り畳み式の車椅子が便利であると思います。
ショートステイやデイサービスの利用にあたっても、車椅子は毎回持って行かなければなりませんので、 車に載せるという事を考えても、ちいさく折りたため持ち上げやすい折り畳み式が良いのではないでしょうか。
母の場合ではそうですが、車椅子の利用は利用する方の症状によって異なると思いますし、 自宅の状況などによっても変わってくると思います。
リクライニング機能の付いた車椅子などには折りたたみ機能は備わっていませんが、その分やはり座り心地は良いでしょう。 あまり移動を重視せず長く座られる方などには、私の母の使っているような折りたたみは必要がない機能だと思います。

どのように使用するかによって決めたい

コンパクト車椅子

現在、母親用として我が家の1階部分はバリアフリーにしていますが、 現状では介助者が操作しないとトイレにも行けない状況です。
室内には狭い箇所などがありますので大型のリクライニング車椅子ではやはり通りづらいものです。 我が家の場合はやはりコンパクトに使える介助式車椅子が向いていると言えるでしょう。
やはり一番に考えなければならないのは、車椅子は利用する人の症状はもちろん大切ですが、 使用するシチュエーションも同じくらい大切だと思います。 母の場合は、車に載せる事が出来るかどうかがとても重要でした。 折りたたまないとかなりかさばりますし、持ち上げるのも困難だったことでしょう。
車椅子を選定する際にはどのように使用するのかを考えて選択するのがよいと思います。

この記事に関連したオススメ車椅子

介助式の車椅子
車輪が小さい分軽量で、折りたためばコンパクトに収納できます。
介助式の車椅子

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

© 2013-2022 Next care innovation Co., Ltd.