卸売りだから出来る最大80%割引!

スチール製車椅子の利点と難点|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. スチール製車椅子の利点と難点

スチール製車椅子の利点と難点

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

頑丈で壊れにくいスチール車椅子

スチール車椅子の写真

「重い」ことがデメリットと言われるけれど スチール製車椅子といえば、 やはり「頑丈で壊れにくい」ということが大きなメリットです。
病院や施設などを訪れる人が利用できるスチール製車椅子は、 やはりどの様な人でも乗りやすいように「頑丈で、誰が乗っても壊れにくいものである」 ということが重視されています。
しかし、それをおいてもスチール製の車椅子は 「重いことがデメリットである」と言われることが多いとか。
一般的に多く利用されているアルミ製の車椅子が10キロ前後であるのに対し、 スチール製の車椅子は20キロ近くになることも少なくありません。
たしかに重ければ重いほど介護者に対する負担は大きくなりますので、 「重すぎる」という理由からスチール製車いすが敬遠されることもあるそうです。
しかし、やはりスチール製車椅が持つ「頑丈さ」「壊れにくさ」は 何物にも代えがたい魅力です。また、安定感もあるでしょう。

スチール製の場合の気になる重さ

スチール車椅子の写真

以前は、ホームセンターをはじめ私たちの身近なところで 手に入れることができる車椅子はスチール製がほとんどでした。 しかし、そこから改良されて軽量化を実現し、 アルミ製の車椅子がよく販売されるようになりました。
価格の面ではアルミ製の方が高いですが、 それでもものによってはスチール製のものと 同程度のお値段で購入できるものもあり、 価格的な違いはそれほど多くないとも言われています。
ただし、かといって「アルミ製の車椅子が、いつでも どこでも優れているか」と言ったら、そうではありません。
アルミ製の車椅子のなかには、軽量化をすすめすぎたせいで「衝撃に弱い」とされているものも多いです。 軽いことはもちろんおおきなメリットなのですが、やはり軽くした分、 強度の面ではスチールに劣ってしまいます。
その点は十分に考慮して選ばなければならないでしょう。 スチール製車椅子とくらべて使いやすいと言われているアルミ製の車椅子ですが、 デメリットも確かに存在しますので、デメリットにも目を向けた車椅子選びをしていきましょう。

スチール製の安定感

スチール車椅子のイメージ2

施設や病院で利用する車椅子だと、色々な人が頻繁に利用するため 「どうしても丈夫なものを」ということになるでしょう。
施設や病院には必ずエレベーターがありますので、 「重くて動かすことができない」ということもありません。
この様に、「重い」というデメリットがあったとしても 「スチール製車いすの方が良い」という場所もあるのです。 この様に、車椅子にも適材適所があり、それに応じて「使う車椅子」を選ぶ必要があります。
ただ、スチール製の車椅子であっても「散歩などの軽い外出で、 バリアフリーが充実している場所での利用」であれば、こちらの方がいいかもしれません。
スチール製の車椅子は、重量が重いために安定感があるものも多く、 これは重視したいメリットのひとつです。

スチール製のリクライニングの車椅子

スチールリクライニング車椅子のイメージ

そんなスチール製車椅子の中には、「リクライニング車椅子」というものが存在します。
通常、車椅子の背は倒すことができないものが多いですが、乗る人の状態に応じて 背をリクライニングすることができるものもあり、こちらは重宝されているようです。 足だけでなく、腰~背中に障害がある場合、椅子に座るような体制ではなく 「上半身を背にもたれかけるような姿勢で座ることができるような椅子」が必要とされます。
首や背を支えることができない場合、背を倒すことができないと前かがみの様な姿勢になってしまうため、 車椅子の背を倒して横になる姿勢を維持できるような車椅子が必要とされる、ということですね。
実は、このリクライニング車椅子は介護の現場でも良く利用されています。

移動させないのであればスチールがおすすめ

リクライニング車椅子のイメージ

長く姿勢を保つことが難しい人の場合、背中を倒すことができない車椅子だと 途中でベッドに移動させなければならないなど、いろいろな手間がかかってしまうため、 介護をする人に負担がかかってしまいます。
でも、リクライニング車椅子であれば背もたれを倒すことで体を ベッドに乗せた状態と同じにすることができますので、わざわざベッドに移動する手間がありません。
こういった場面でも、リクライニングの車椅子は多くの人を手助けしています。 なによりやはり体制的に楽ですし、スチール製の重みも室内で あまり移動されないのでしたら、大して不便には感じませんし。
ゆっくり座っていたい方には必須の機能と言えるでしょう。

アルミ製か、スチール製か

スチール製車椅子

個人ではアルミ製を、施設ではスチール製を そもそも、車椅子というのは用途によって「自分に合ったもの」を選ぶもの。
家庭で使うには、やはり軽くて丈夫と定評のある「アルミ製」が便利でしょう。
日常生活の中では、車椅子を持ち運ぶために畳んだり、 車へ簡単に積み込みができる軽い車椅子の方が使いやすいです。
スチール製の車椅子の場合、20キロを超える重量のものもありますので、 どうしても重さに難が出てしまうために個人利用は向いていません。
しかし、一方で「大勢の人が利用する施設であれば、 より頑丈なスチール製車いすの方が良い」というメリットもあります。
もし車椅子を選ぶ時は、いろいろな場面で利用することを考えつつ選んでみて下さい。

この記事に関連したオススメ車椅子

【テイコブ/TacaoF】標準型車いす B-09
幸和製作所のシンプルなスチール製車椅子折りたたんで横幅をコンパクトにすることが可能です。
【テイコブ/TacaoF】標準型車いす B-09

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.