卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子の適正サイズ・選定について|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 車椅子の適正サイズ・選定について

車椅子の適正サイズ・選定について

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

車椅子の役割とは

高齢化のイメージ

高齢化が進み、体力の衰えや事故の後遺症など、やむをえぬ理由で 車椅子を使用しなくては生活できないお年寄りも増えてきていると思います。 これから車椅子の購入を考えている方は、どのような車椅子を購入すれば よいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
今日は車椅子の種類やアドバイスなどを書かせていただきます。

まず、車椅子の役割は、「快適に座る」「安全・安心して移乗できる」 「楽に移動」できるの3つがポイントに思います。
万が一に備えた避難用の備品などにも使えますので、 まだ早いと思わず、便利な道具として1台備えておくに越したことはありません。

大まかな車椅子の種類

自走式車椅子のイメージ

車椅子の種類には大きく分けて2種類あります。
車椅子を使う人自身が自分の力で駆動する【自走式車椅子】と、
自分の力では駆動することのできない場合の【介助用の車椅子】です。介助者が押して使用します。

使用者ご本人がリムを回せないけれども判断力に問題ない場合には、 簡単な操作で動く【電動車椅子】 手に負担をかけず自由に動き回りたい方におすすめです。
しかし、座席の後ろや下側にバッテリーを積むため重量は相当な重量があります。 また、バッテリーもほぼ毎日充電しなくてはなりません。
垂直の座位が難しい人におすすめな【リクライニング式車椅子】 リクライニング式は背中の角度が変えることができる車椅子となっており、 背中に体重を預ることでお尻が痛くなりにくくなります。
また、入浴時の介助がしやすいように作られた、 シャワー・入浴用の車椅子もあります。

このように様々な利用者の要望に寄り添えるように多種類の車椅子が作られています。 持ち運びがしやすいよう、軽くてコンパクトな車椅子もあります。
車椅子は使う人の障害の内容や使用する目的や、介助者の使いやすいもの、 使用する場所の環境によって、いろいろな用途を考えて選ぶことが大切です。

背もたれの大きさ、リクライニングやティルティング

リクライニング車椅子

使用者の状態によって、状態の補助が必要な場合には、 背もたれが長いものヘッドレストあるものが必要になってきます。
リクライニング機能で、背もたれの傾斜が調節できれば、 姿勢を保つのに負担を減らすことができます。
ティルティングでは、車椅子そのものの傾きをを調節することができます。
座位を保つことが難しい場合でも、傾きを調節することで 体の負担が少なく姿勢を保つことができますね。
脳梗塞などで全身のバランスがとれない場合には、筋力的に問題がなくても 一人で座ることが難しく転倒しやすいこともありますから、 そういった場合にはヘッドレストがあり、 座面の傾斜を調節できるものが有効です。
拘束感が軽くなることも、使用者の負担を減らすことになります。

車椅子の座幅サイズ

車椅子クッションのイメージ

車椅子の座面の幅は商品によっては体の大きさに合わせて38センチ、 40センチ、42センチと3種類の座幅が選べるようになっています。
できるなら実際に試してみて、こぎやすく姿勢がくずれにくい、 自分の体型にあったサイズを選ぶと良いでしょう。
できない場合には、お尻の幅に3~5センチ、おしり+介助者の手が入る程度の幅を想定してください。
長時間車椅子で同じ姿勢を保っているとお尻に負担がかかるため、クッションの使用も不可欠です。 クッションは床ずれの防止や、座り心地にも影響します。

車椅子の乗り降りに便利な機能

ベッドのイメージ

移乗動作を楽で安全にするために、車椅子の肘あてが取り外しができるものや、 後ろへ跳ね上げることができるものもあります。
横の部分が何もなくなりますので、介助する場合は介助者が丸抱えしなくても、 軽く抱き抱えるだけで移乗できて介護の量も少なくて済みます。

自分で車椅子からベッド、ベッドから車椅子へ移乗する場合でも、お尻を少し上げて横へずらすだけで、 足の筋力が低下している人でも安全で移乗動作がしやすくなります。
自立した生活は自分自身のためにもなりますので、肘あげの機能がある車椅子がおすすめです。

駐車ブレーキと介助ブレーキの違い

車椅子の介助ブレーキ

ブレーキについては、使用者自身がかけられる駐車ブレーキと、
介助者が手押しのハンドルを握ったままかけられる介助ブレーキがあります。
介助ブレーキは、そもそもついていないタイプもあり、 ブレーキの種類としては自転車の後輪ブレーキのように車軸を抑えるタイプや、 ドラムブレーキ、駐車ブレーキと連動して止めることができるものなどがあります。
駐車ブレーキには、タイヤを押さえつけて止める簡易式の場合があります。
室内で使う分にはそもそも介助ブレーキは必要になる異シーンは少ないでしょう。 でも外出や雨上がり、坂道などで利用するときには できればしっかりしたドラム式のブレーキがついている方が安心ですね。

タイヤの選定とフレーム素材の違い

車椅子のタイヤ

タイヤにはエアータイヤとノーパンクタイヤがあります。
メンテナンスの面では、ノーパンクタイヤが優れています。
中にウレタンの芯が入っているので空気入れが不要で、パンク知らずです。
エアタイヤは空気が詰まっているので、手入れは必要ですが座り心地がよいタイヤです。

フレームの素材について
ポピュラーなのはアルミ、スチール、チタンです。
軽くて手頃なのは、アルミ製です。
スチールは価格が安いですが、錆びやすい・重いといった欠点があります。
持ち運びなどしない病院や施設ではよく使用されています。
チタンは値は張りますがアルミよりも軽く強度もあり、 錆びにくいといったメリットがあります。

足置き部分の調節について

フットレスト

足を置くステップをフットレストといいます。
フットレストの高さも利用者の適切な高さに調整しなくてはいけません。
フットレストは、通常予備の穴があいているので多少手で高さ調整ができ簡単に取り外しもできます。
フットレストが低すぎる場合はお尻に体重がかかって お尻に痛みが起きて、前にずれたり、仙骨部がすぐ赤くなり床ずれが発生したりします。
反対にフットレストが高すぎる場合は、膝の角度が高くなり、 膝の後ろ側に痛みがでて、やはりお尻が痛くなり長く座ることができなくなります。

フットレストに両足を乗せて両膝を水平にし、上半身を少し前傾姿勢にすると、 身体が安定して座ることがができ、長い時間車椅子に座っても、 負担が少なく楽に車椅子を使用できるようになります。

お尻の痛みがある人や皮膚が弱い人は座面シートに車椅子専用のクッションを敷かれるはずです。 クッションを敷くとクッションの厚み分、高さが高くなりますので フットレストの調節はクッションを選んだ後にするのがおすすめです。

標準的な座面の高さは、床から43cm程度です。
使用者本人が足でこぐような使い方をする場合には、 低めのものを選ぶと良いですでしょう。

脚部のエレベーティング

エレベーティング車椅子

車椅子には、足を載せられる場所がついていますが、
骨折で足を曲げられないといった場合には、
足を真っ直ぐにした状態で支えられるように補助できるものがあります。
これを、脚部のエレベーティング機能と呼んでします。
長時間座位で過ごしていると、「エコノミー症候群」の心配があります。
下肢の運動が少なく、血栓ができやすい条件に置かれている時には、
脚部を時々伸ばしておくと、防止になります。

車椅子の車輪などの細かな調節

車椅子のイラスト

自走ができる人には、車椅子の車輪も取り外しができ 位置を調節できるもの(モジュール)があります。 自走する方の腕に合わせて車輪の高さを変更してください。
自走の車椅子を操作していて、腕や肩に痛みがある場合は 車輪の高さが身体に合っていない場合があります。 専門の施設や自転車屋さんで調節できる場合がありますので伺ってみると良いでしょう。
他にもモジュールタイプには座面の幅や、介助用の持ち手の高さが変えられる物があります。

大切なことは体格の違いに合わせた車椅子を選び調節すること

介助式車椅子のイメージ

車椅子の機能は座ることと、移動することですが、 介護場面では安全で簡単に移乗できて介護負担を軽減できることが大切な条件になります。

車椅子を使用する人が小柄か大柄か背が高いか低いか、
体格の違いに合わせて、その人にぴったり合った適切な車椅子を選んで、 身体に負担のないように調整をしなくてはいけません。

身体の小さい人が利用する場合は、シートの奥行が長すぎて身体の後に隙間ができてしまいます。
隙間ができてしまうと体が斜めになり、お尻が前にずれてしまいます。
そのような時は、隙間のないようにウレタンのふとんなどを入れて調整して、 しっかり身体が車椅子の背もたれ部分に密着できるようにします。

車椅子を選びの際に考えたいこと

自走式車椅子のイメージ

一番大切なのは車椅子に人を合わせるのではなく人に車椅子を合わせることです。 使用目的を明確にすることも大切なポイントとなっています。 せっかく買っても使い勝手の悪いものでは意味がありません。
「歩くことが不自由なので日常的に使う」のか、 「歩けない人を天気の良い日に散歩に連れて行くので時々使う」のか、 どのように車椅子を使うのかを最初に検討する必要があります。
車椅子を利用する人にとっても乗り心地がよく、 介護する側にも扱い易い車椅子が見つかることが一番ですが、 車椅子は自立をサポートするパートナーなのでよく検討して購入して欲しいものです。

・使いたい場面と、使用者の状態
・フレームの素材 ・ブレーキの種類と用途 ・サイズの選定
・タイヤの選定 ・折りたたみの形
・背もたれの大きさ、リクライニングやティルティング
・脚部のエレベーティング
などをあげてみました。選定前にチェックしてみてください。

この記事に関連したオススメ車椅子

自走式アルミ製車椅子 CA-10SU ハピネス
ノーパンクタイヤのリーズナブルモデルの定番!ダブルメッシュシートタイプ。
自走式アルミ製車椅子 CA-10SU ハピネス

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.