卸売りだから出来る最大80%割引!

男性と電動車椅子の思い出|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 男性と電動車椅子の思い出

男性と電動車椅子の思い出

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

身体障害者施設での介護の仕事

テレビのイメージ

私はかなり昔にとある身体障害者施設で介護の仕事についていたことがありました。 そこには事故で体の感覚が麻痺し思う様に体を動かすことが できなくなってしまった方や生まれながらにして障害を持ち、 日常生活において介助を要している方など様々でした。 私がそこで勤めていた数年間で一番印象に残った方がいます。
その方はその時すでに60歳位の方でした。 若い頃の交通事故によって腰から下の感覚が麻痺し、 下半身は自分の意思では動かすことの出来ない体でした。 一日の大半の時間をベッドの上で過ごしていました。
幸い腕や手は自由に動かせる方だったのでベッドの上では リモコン操作を行って自由にベッドの背もたれを起こして体制を変えたり、 テレビを見たり読書をしたりと過ごしていました。

普段はとても穏やかでとても優しい方

車椅子バスケットのイメージ

しかし、自由に過ごすと言ってもベッドの上と言う場所に 変わりは無くてそこから見える景色はいつも同じです。 入ってくる顔ぶれもいつも同じ、例え自由にテレビや読書で新しい情報が入ってきても それを話す相手も何かを試してみることも限られた生活をしているのです。
若い頃に怪我で車椅子の生活になったばかりの頃は まだ若さで体力があったということもあり 車椅子のバスケットボールチームに所属していたこともあったそうです。 しかし段々と年を重ねて色々と病気もして体力も落ちてしまい 車椅子でスポーツすることももう諦めてしまったそうです。
普段はとても穏やかでとても優しく、自分の体の事よりも 職員である私達の体の事を気遣ってくれるような優しい方でした。

施設は禁煙

禁煙のイメージ

しかし私達には想像もつかない様な多くのストレスを抱え、 そのやり場も無く私達に強く当たる時もありました。 私達もそんな気持ちがわかりながらも、 どうしてあげたらいいのかわからず悩んでいました。
その頃私達の勤務していた施設はもうすでに禁煙を掲げており 施設内部で喫煙できる場所はありませんでした。 しかし長い施設暮らしの方でもやはり禁煙することが出来ない方もいて、 自由に身動きができる方では自ら施設の外に出て 喫煙に行かれている方もいらっしゃいました。 時々イライラを見せるあの方の気分転換について話し合っていた時に とある職員が何気無い会話をしていた時にふと 「煙草が吸いたいなぁ」と言ったことがあると発言しました。 「でもダメだよね。」と言っていたと。

少しでも自分のやりたいと思ったことを叶えて欲しいという思い

喫煙所のイメージ

当施設の現状としては自分で自由に身動きが取れる方は 禁煙区域である場所から出て喫煙してくる分には 特に処罰な無いと言う暗黙の了解がありました。
その方は車椅子移乗の時に下肢を自分で抱える事が 出来なかった為に全ての移乗動作や移乗時間は私達に委ねられていました。
でも少しでも自由な時間を持ってもらいたい。 少しでも自分のやりたいと思ったことを叶えて欲しい。 長い一日のほんの一時でも満足した時間を過ごして欲しい。
その様に思い、私達の考えを本人に告げました。 結果一日のうちで午前、午後のそれぞれに自分の行きたい時間を選んで車椅子に乗車し、 喫煙をしに行く。そんな一日の目標を作りました。

少し時間の工夫

電動車椅子のイメージ

それからは毎日午前、午後と車椅子に介助で移乗し 電動車椅子で自由に移動して自分の満足の行く時間にベッドへ戻る。 その合間で喫煙に行くのも自由と言う話もしました。
なんとなか毎日笑顔も多くなり、私達に怒りを向けることも少なくなりました。 そして何より車椅子に移乗して、自分で電動車椅子を 操作する時の嬉しそうな顔が私達は何より嬉しかったです。
下半身が麻痺している方を車椅子に移乗介助することはとても神経を使いますし、 人手も必要です。中途半端に介助をして 大きな怪我に結びついてしまっては元も子もありません。
でも、少し努力をして、少し時間の工夫をして 少しでもいつもと違った景色を見せてあげたいと思いました。

この記事に関連したオススメ車椅子

カワムラサイクルの車椅子
電動車椅子なども充実しているカワムラサイクル

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.