卸売りだから出来る最大80%割引!
  1. 車椅子卸センター
  2. 初めての車椅子介助

初めての車椅子介助

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

貸してもらった少し大きめの車椅子

大きな車椅子の画像

お祖母ちゃんが家で転倒し、病院に連れて行ったときに 始めて車椅子を使わせて頂きました。
病院では看護師さんにお祖母ちゃんが立てないし、 歩けないからと伝えると車椅子に乗せましょうと言ってくれました。
当時、お祖母ちゃんは太っていたため、少し大きめな車椅子を使いました。 車椅子は初めて使う、と看護師さんに伝えると、注意点を教えてくれました。

車椅子の大切な注意点について

駐車ブレーキのイメージ

車椅子の前に車いすを使う人を後ろ向きに立たせてから座らせること、 座らせる時には必ず駐車ブレーキをかけておくこと、乗せて動かすときは
お祖母ちゃんの足をフットサポートに乗せること、 なるべくゆっくり移動させること、走らないこと、 車椅子を止めるときは動いては危ないからまっすぐな平らな場所で止めること、 お祖母ちゃんが一人で車椅子を使う時は車輪に指を巻き込ませないこと、 車輪を動かしたら進むためなるべく一人では行動しないこと、 車椅子を使わないときは折りたたんでコンパクトにするように。
など車いすに大切な要点を色々とうかがいました。

車椅子の最初のひと押しの重さ

マキライフテックのワイド車椅子のイメージ

使い始めてまず思ったのですがおばあちゃんは 体重が重かったため、最初の一押しがうまく動きません。 まっすぐ進むことは出来ても、曲がり角や平らになっていない 通路でのスロープの特に下りの部分は本当に力が必要でした。
段差のあるところでは、何度も繰り返し車椅子を動かしていたと思います。
しかしながら、車椅子のおかげで診察室や検査室への移動もできて、 お祖母ちゃんの心配そうにしていた顔に少しずつ安心感もでてきました。 お祖母ちゃんも不安だったのだと思います。

車椅子を押すスピードに注意しながら移動

車椅子の画像

押し続けてまっすぐ進むことが出来るようになってくると、 自然と一人で歩いている早めの速度になってしまいます。
ああ、だから看護師さんが注意点で移動するときは なるべくゆっくり動かすように、と言ってたんだと思い出しては 車椅子を押しながら歩くスピードをゆっくり目に心がけました。
車椅子を押しながら歩くことは簡単だと思っていましたが、 意外に気遣いと力がいるんだと思いました。

一番困ったことはトイレへの移動

トイレの写真

一番困ったのはトイレです。看護師さんと一緒にトイレも使わせてもらいました。
車いすのままで入り、トイレの便器横に止めてから 移動するといった方法でなんとか使えました。 ベットから車椅子への移動もなかなかスムーズにはいきませんでした。
車いすとお祖母ちゃんの間が遠いと、車いすにうまく座れません。 正面を向いて立ち上がらせ、車いすを斜めの角度に用意し お祖母ちゃんの体を車いすの向きに合わせるように座らせていました。
ムリに体を向かそうとしたりするとお祖母ちゃんの足元がふらついてしまい、 車椅子がじゃまになります。 転倒こそしませんでしたが、看護師さんは本当に体力がいるなと感心しました。

移動することで見える景色はストレス解消

植物園のイメージ

この後何度か入院退院を繰り返したときも車いすで移動しました。
車椅子を使っているお祖母ちゃんにうまく座れるようになったねと言うと、 うれしそうな表情してくれて、私も安心感がでてきました。
病院のレクリエーションで病院の近くだったり小さな植物園だったり、 お花見だったりと季節ごとに車いすに乗って連れて行ってもらえて 気分転換にもなると話してました。
病院から見る毎日が同じ景色以外を見れることは 入院した本人でしか分からないし、 車いすで移動できることでお祖母ちゃんの表情も明るくなれたように感じました。
お祖母ちゃんは自分で立って歩くことはできなかったけど、 ずっとベットの上ではなく、こうして車椅子のおかげで移動できることで ストレスの解消にもなったようです。

この記事に関連したオススメ車椅子

【マキライフテック】ワイドタイプ車椅子 KS50-4643NC
ゆったり座れる大きめ座面の車椅子です。自走式ですので自分で移動することも可能です。
【マキライフテック】ワイドタイプ車椅子 KS50-4643NC

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.