卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子と段差について|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. 車椅子と段差について

車椅子と段差について

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

車椅子の段差の乗り越え方

段差のイメージ

車椅子にとって、段差を越えるということは 非常に難しいことであると言われています。
特に高めの段差を越えるということは苦労する部分になりますから、 何回も練習を積んでしっかり超えられるようにしなければなりません。
基本的に車椅子で段差を超える場合は、 他の方が介助してあげることが必要になります。
どのように車椅子を操作するのかを言いますと、 まず車椅子を完全に静止させた状態にします。 段差を越える際に他の部分が動いていると、 どうしてもふらついて体制が不十分となってしまうのです。 そのためしっかりと静止させてから、持ち上げることになります。 次に車椅子の後ろの部分にあるバーを踏んで持ち上げます。

持ち上げ方のコツ

車椅子の写真

この時は車椅子に乗っている方もなるべく
体重を後ろに持っていくようにしてください。 これによって前輪が浮き上がりますので、段差を越えられるようになります。 ただ上げ過ぎてしまうと、段差を越える以前に倒れてしまう可能性があります。 ほどほどの状態を維持することが大切です。
後は段差を越えて前輪を下ろし、今度は車椅子の後ろの部分を持ちあげて越えるようにします。 これによって段差があったとしても、車椅子に座ったまま動かすことができます。 最初のうちはなかなか苦労すると思いますが、 コツを掴めば簡単にできるようになります。

車椅子の段差の乗り越え方

段差を乗り越えるティッピングレバーのイメージ

これによってある程度の段差は超えることができるのですが、 あまりにも高い段差は超えることができません。 車椅子自体も重いものですから、持ち上げることができないのです。 そして車椅子に乗っている方のバランスが崩れてしまい、 頭から落ちてしまう危険性もあります。 これは無理だなと思った段差は、他の部分から回り込むことも考えましょう。
そして車椅子を下ろす時にも注意が必要です。
上手に段差を越えたのに、バーを話してしまうと急激に落下してしまい、 乗っている方に痛みを与えてしまいます。 基本的に歩けない状態で使うのが車椅子ですから、 このようなことで痛みを与えてはいけません。 そのため下ろす時もゆっくりと行うようにしてください。

段差の降り方

下りの段差のイメージ

段差を上るということはこれでも問題ありませんが、 段差には降りるという動作も出てくると思います。 車椅子は上るよりも降りる方が神経を使うと言われているくらい、 降りる動作には気をつけなければなりません。 基本的に上る状態と同じようにして、バーを踏んで前半分を高くします。 その後で段差をゆっくりと降りるように動かして、 両方の車輪が段差を降りた状態になるようにします。
この後でバーを下ろせば段差を降りるということが可能になります。 降りる場合は後ろ側から行った方が早いとも言われていますが、 乗っている方によっては前から降りてくれないと怖いと言われることもあります。
そのような場合には、こうしたバーを踏んで上げてから 降りるということを考えてください。
連続して段差を降りなければならない時は、 なるべく後ろ側から降りた方が無難です。 それによって前から落ちてしまうということを防ぐことができます。

エレベーター

エレベーターのイメージ

車椅子は段差という概念を克服しなければなりません。 常に平坦な部分や坂道ばかりを進むということは難しく、 エレベーターのように段差がでてくることも予想されます。 そうした状況では、段差を越えるための動作を行って、 素早く移動することを考えましょう。
あまり時間をかけているようだと、他の方にも迷惑をかけることになります。
なるべく誰も乗っていない状態で練習を重ね、 スムーズな動作ができるように心がけてください。 乗っている方も、重心を傾けるようにして、 なるべく動かしやすいようしてあげると楽になります。
こうしたバランスを変えることを意識すれば、 段差を越えることはそんなに難しくないはずです。

老人ホームで車椅子

車椅子の写真

老人ホームで長年仕事をしてきましたが、
入居者の方で車椅子を利用している人は7割以上はいました。
車椅子はそれぞれの身体機能に見合った車椅子を提供するようにしてきました。
施設内は段差が殆どありませんでしたので、 自分で車椅子を漕げる方にとっては漕ぎやすい環境だと思います。 また廊下や居室など広く設定されていますので、 曲がり角でも壁にぶつかる心配などは少なく、
方向転換する際も後ろ向きでバックする必要もなく回転も比較的スムーズに行えます。 ただ歩行されている入居者の方もいましたので、接触の危険性はありました。 在宅での生活で車椅子を使用される場合ですと、 どうしてもスペースを保つ環境セッティングが難しくなってしまうと思います。
また、方向転換する際にも物にぶつかってしまったり、 ぶつかったはずみで車椅子ごと転倒してしまう危険性も出てきます。
在宅生活の場合で、車椅子を自ら漕ぐ事が出来る方は小回りが利く 小型タイプの車椅子を選ばれると良いと思います。
もし元々バリアフリー対応の住宅で生活されている方は、 その方に合った車椅子を提供されて良いと思います。

バリアフリーと段差

室内のイメージ

在宅では段差も危険がだいぶ潜んでいます。 なるべく段差を解消出来るよう段差解消の器具を使用したり、 また段差の少ないお部屋を提供するなどの検討も必要です。
ほんの少しの高さでも車いすを利用されている方にとっては とても大きな段差なので様々な面での配慮が必要となります。
また、外は室内に比べて一層段差だらけです。
今はバリアフリーを求められていますが、道路などちょっとした段差は多く見られます。
一人での外出ではなく付き添いの場合は、付き添いの方が しっかり車いすのベルトの装着確認、タイヤの空気状況など 車と同じ感覚で確認してから外出される方が良いと思います。
段差を乗り越える時や小石の上を乗り上げた時など、 小さな事でも場合によっては車椅子から転落してしまうかもしれません。
いつどこに危険が潜んでいるのかわかりませんので、十分な注意と配慮が必要です。
外出はとても楽しい事ですので、楽しい時間を 過ごしてもらう環境提供が出来ればと思います。

この記事に関連したオススメ車椅子

【松永製作所】ARシリーズ AR-201B
ARシリーズ アルミ製スタンダードタイプ 自走型
【松永製作所】ARシリーズ AR-201B

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.