卸売りだから出来る最大80%割引!

アダプテッドスポーツに参加して|車椅子にまつわる話

  1. 車椅子卸センター
  2. アダプテッドスポーツに参加して

アダプテッドスポーツに参加して

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

アダプテッドスポーツへの参加

テニスのイメージ

私は大学で、スポーツ医療や指導者を目指すべく勉強しています。
そこで障害者、高齢者を対象としたアダプテッドスポーツ (誰でも参加できるように工夫されたスポーツ)を体験する授業がありました。
その授業では車いすが必要になるのですが、大きなサイズのもの、 電動のもの、横乗りのものなど様々なタイプで用意されていました。
スポーツの種類としては、テニスとバスケットを中心にルールや注意点、 指導者やトレーナーとして気をつけることを座学したのちに実際に体験をしました。
普通のスポーツとさほど変わらないルールですが、車椅子に乗っていることにより 腕など身体の軸を上手くコントロールしたりとコツが必要になりました。 身体のみではなく精神面でも突っ込んだりぶつかったり、転んだりすることを恐れない強さが必要だと思いました。

本格的な場での実践

バスケットのイメージ

この授業を数ヶ月受けたのちに市内の体育館で行われていた アダプテッドバスケットボールを見学にいってみました。 練習をした後に試合がはじまったのですが、やはり学校の授業とは天と地の差がありました。
体育館中に熱気が溢れ、大丈夫かな?という心配は甘い考えすぎて大丈夫の大の字も頭に浮かびませんでした。
試合に吸い込まれるように見惚れていると、「やってみる?」と声をかけていただけたので、 ついていける気すらしませんと答えながらも試合に入れてもらえることになりました。
実際にやってみると、全くついていけずに手も足も出ず、 少しでもぶつかると転ぶことを恐れてしまい、動きすら取れなくなっている自分がいました。

参加者の話

体育館のイメージ

練習も試合も終わった後に、みなさんと話をしていたのですが、誰もが怖くなく楽しいといいます。
特に幼い時くら足もに障害があった人の話では、 足に感覚がなくなり生涯車椅子になったときには、 家から出る気にもならず、人と話をすることも嫌だった、 家族でさえも話するのが嫌で部屋にこもっていたそうです。
もちろん親は話そうとするし、外にでることを勧めてきていたそうですが、 何にも耳を傾けずにひたすら部屋にいたそうです。
しかし、スポーツがもともと好きだったので母親がバスケットに 誘ってきたのを断らずに久しぶりに家の外に出て見に行ったのが、 今いる体育館だったようです。

悔しさからの成長

車椅子のイメージ

ルールも何も知らなかったが、やっていた人たちに誘われるがままにやってみたら難しく、 私のように手も足も出ずに固まっていたそうで、それがとても悔しかったといいます。
絶対できるようになると決め、10日も行っている間に他に差がないほどまでの上達をしたそうですが、 その陰には家でも車椅子操作の練習やボールを扱う練習を鬼のようにしていたそうです。 今まで引きこもっていたのがバカバカしく思うのと同時に、 車椅子でもスポーツが前と変わらずにできることを実感したといっていました。

あきらめないこと

希望のイメージ

よくテレビやマンガなどでも見ますが、諦めなければ輝く明日はくる。 この言葉をそのまま受け入れ、座右の銘となったそうです。
ここで話を交わした人たちはみんな輝きを失わずに、 わたしたちよりもずっとずっと楽しみ方を知っていて本気で勝負をし、そのあとは終始笑顔でいる。 「車椅子がなきゃ今がなかった。これから先もこいつとは パートナーでいると同時に身体の一部だから思ったとおりに動く。 何も不自由はない。」と多くの人が話してくれました。
わたしたちの生きる世の中で車椅子の存在はとてつもなく大きく、 これがあるからこそ不自由でも気が重くもないのだと思いました。
出かけたときに車椅子に乗った人がいたら、やれることはしてあげたいけど、 本人が出来ること、やろうとしていることは見守ることも必要だと思います。 なぜなら車いすは、本人のものではなく、人の身体の一部となっているだろうからです。

この記事に関連したオススメ車椅子

【エスマルクソーイング】 ドリンクホルダー
取付はマジック付ベルト、車椅子を始め様々なパイプ径に対応!
【エスマルクソーイング】 ドリンクホルダー

種類から選ぶ

機能で選ぶ肘跳ね上げ・タイヤの種類など

価格帯で選ぶ予算に合わせてお選び頂けます

車椅子クッションや便利グッズ

メーカーから選ぶ

インフォメーション

Copyright(C) 2017 next,Inc. All rights reserved.