卸売りだから出来る最大80%割引!

リウマチで使った初めての車椅子|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車椅子便利帳> リウマチで使った初めての車椅子

リウマチで使った初めての車椅子

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
妹の骨折で使用したカワムラサイクルの車イス

今から4年前に突然夜中に右足の膝に激痛が起こり寝ていることも出来ず、
歩こうとしても膝に力が入らないため、歩けなくなってしまいました。 突然のことだったので、私の両親もびっくりしてしまい、 急いで病院に行くことになりました。
それ以前にも線維筋痛症という身体のアチコチが痛くなる病気を持っていますが、 明らかにその痛み方とは違うので、本当に驚きました。
病院に着くと、歩けない私に看護師さんが病院の車椅子を持ってきてくれて、 そのとき初めて車椅子に乗りました。
でも、動かしてくれるのは私の母だったので、 車椅子を動かしたことがない母はフラフラしながら私が乗る車椅子を動かしていました。
そこの病院は古い病院なため通路がすごく狭くて 母が動かす車椅子は、壁や角にアチコチぶつけながらの操作だったため、 激痛の私の膝にはガンガン響いて大変でした。

怪我をした女の子
実際に車イスを押してみた時に知ったこと

でも、本来、母の方が車椅子に乗っていてもいい年齢なのに 私が乗る車椅子を動かしてくれていることに悪いという 思いと感謝の気持ちでいっぱいでした。
私の膝の激痛の原因は深夜の研修医だけしかいない病院の診察では分からないく、 検査をしに大きな大学病院を色々と回らないと いけない感じだったので、本当に移動が大変でした。
私が初めて車椅子に乗った感想は、普段から身体が痛いことが 多い私にとっては、すごく楽ちんなものなんだなと思ったのと、 車椅子の目線というのを初めて感じました。
普通に立って歩くのとは本当に視界が違う世界に感じて、 そのとき膝が痛いながらもいろいろな事を考えさせられました。
私の膝はいろいろな検査の結果、何らかの原因で膝に水が溜まっていたので、 その場で水を抜く治療を行いました。

車椅子イメージ
手助けしてくれる親切な人

水を抜く時の針が、すごく痛く原因も分からないままだったので、 すごくモヤモヤした思いをしました。
母が動かしてくれた車椅子は乗り心地はいいとは言えませんでしたが、 脚が悪い私には救われた感じがしました。
その後、その水が溜まる原因は関節リウマチと診断されました。 私が関節リウマチと分かったときも、膝に水が溜まりあまり自力で歩けなかったけど 自分の車椅子は持っていないので、自分の物があると もっと行動範囲が広がると思っていますが、 今のところ、私の膝の関節の骨には異常はなくリウマチ治療が上手くいけば きちんと歩けるようになるみたいですが、 現在、関節リウマチの治療で最も効果が高いと言われている 生物学的製剤の治療を初めましたが、副作用が強く出てしまい、 一番気になっている膝の関節が腫れてしまっているため、 現在も歩行があまり出来ないので、こんなときに車椅子があると便利だなと思ったりしています。

車椅子のタイヤ
車イスが身近になった事で気づくこと

治療が上手くいけばいいのですが、関節リウマチは進行性の病気なため、 将来、徐々に関節が破壊していってしまったときの事などを思うと、 車椅子とは私の生活に欠かせない物になるかもしれないと思ったりしています。
今でも、長時間の歩行ができないため、旅行なども行けないので、 時と場合によっては、車椅子のレンタルなども今後考えながら 暮らさないといけないのかなと思ったりしています。
今の日本はまだ車椅子を使っている人に優しい国とは言えないので、 少しでも歩ければ自力で頑張って歩いてしまっていますが、 今の現状ではみなさんに悪いなという感覚です。
車椅子に初めて乗ったときに、すごく救われた私の身体で今でも使いたいと思う時もあるけど 人様に迷惑をかけてしまうとか、人の視線が気になるとか考えてしまう気がします。
これから、日本は高齢化社会にもっと入っていくので、 障害や身体が弱い人に対してもっと優しい国になってくれたら、 私のような脚に痛みをもっている者でも車椅子は取り入れやすいと思いました。

車椅子を押す介助者

この記事に関連したオススメ車椅子

●豊富なカラーバリエーションが人気のエアタイヤ車椅子。

【カワムラサイクル】自走介助兼用車いす BM22-40(38・42)SB
【カワムラサイクル】自走介助兼用車いす BM22-40(38・42)SB子
  • 介助ブレーキつき
【カワムラサイクル】自走介助兼用車いす BM22-40(38・42)SB子